テクニカル分析

ボリンジャーバンドとは?動きのパターンや活用法を詳しく解説

ボリンジャーバンドとは?動きのパターンや活用法を詳しく解説

ボリンジャーバンドは、順張りや逆張りに活用できるテクニカル指標で、偏差値と同じ統計学に基づいているものです。

そして、買いすぎや売られすぎのサインの見極めに役立ち、その精度の高さからも多くの投資家に信頼されています。

 

そこで今回は、ボリンジャーバンドとは何か、動きのパターンや活用方法について詳しくお伝えします。

 

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドとは、アメリカのジョン・ボリンジャーが考案したテクニカル指標で、標準偏差と正規分布の概念が用いられているものです。

標準偏差とはデータのばらつき具合を表した値のことで、多くの方が学生時代に耳にした「偏差値」をイメージするとわかりやすいでしょう。

 

偏差値であれば、中央の値が50でそれよりも数値が大きいほど成績がよいという指標とされていましたね。

ボリンジャーバンドの場合、成績ではなく、値動きが平均からどれくらいばらついているかを標準偏差で算出して、値動きの収まりやすいレンジをわかりやすく表示しています。

 

その標準偏差とは、統計学などでよく使われるもので、一般的には単位としてσ(シグマ)が用いられ、値のばらつきが大きければσは大きくなり、同じような値が多ければσは小さくなります。

そして、統計の正規分布の考えに基づき、平均を中心に全体の約68.3%のデータが入る範囲が±1σ、約95.4%が入る範囲を±2σ、約99.7%が入る範囲を±3σと表します。

 

これをチャートに置き換えた場合、移動平均線を中心として一定期間の終値の約68.3%が入る範囲を±1σ、約95.4%が入る範囲は±2σ、約99.7%が入る範囲は±3σと考えることができます。

 

ボリンジャーバンドの動きのパターン

ボリンジャーバンドの動きのパターンは3つあります。それぞれに特徴がありますので、ここでぜひ確認しておいてください。

 

スクイーズ

スクイーズとは「搾る」という意味で、ボリンジャーバンドを見たときにギュッと搾られたように幅が狭くなっている部分のことです。

このスクイーズの部分には値動きが小さいという特徴がありますが、エネルギーをためている状態ともとらえられますので、この後に大きく株価が変動することも考えられます。

 

投資初心者~中級者であれば、とりあえず様子を見ておいたほうが無難でしょう。

なお、スクイーズのまま上下を繰り返しているボリンジャーバンドは、トレンドの力が弱いので株価が上下し、不安定になりやすいという傾向があります。

 

エクスパンション

エクスパンションとは「拡張」という意味で、ボリンジャーバンドが大きく広がった部分のことです。

そして、上下に大きく開いているかがトレンドの強さを判断する材料になり、その開き具合から強い上昇トレンドを確認できた場合には、まさにその開き始めが買いサインと見極めることができます。

 

また、大きく広がっていたバンドが徐々に収束し始めた場合には、解放したパワーを使い果たしてしまったと判断でき、再びスクイーズに戻ろうとしている状態です。

ボリンジャーバンドは、スクイーズとエクスパンションを繰り返すものであり、スクイーズの後にはエクスパンションが来ると認識して注視しておきましょう。

 

バンドウォーク

バンドウォークとは、エクスパンションが現れた際に、ボリンジャーバンドの±2σラインの縁に沿って株価が上昇または下落していく状態を指します。

バンドウォークはとても強いトレンドを持っているため、上昇トレンドの場合はその後しばらく株価の上昇が続きますが、買われすぎによる株価の急落に備えておくようにしましょう。

 

また、下降トレンドでバンドウォークが現れた場合は売られすぎと分析することができ、大きな反発が訪れる可能性がありますので、買いのタイミングを逃さないよう注視しておいてください。

 

ボリンジャーバンドの活用法

それでは、ボリンジャーバンドの活用法についてお伝えしていきましょう。

基本的には「+2σを越えたら上昇しすぎなので売り、-2σを越えたら下落しすぎなので買い」と考えてよいのですが、あくまで確率は100%でないことも念頭に置いておく必要があります。

 

ここでは、±2σ付近での逆張りと、バンドの拡大に注目した順張りについて見ていきましょう。

 

活用法① ±2σ付近での逆張り

バンドに対して、為替レートがどの位置にあるかを見極め、為替レートが+2σを越えたら上昇し過ぎなので売り、-2σを越えたら下落し過ぎなので買いと判断するのが±2σ近辺での逆張りです。

このように、逆張りで使う場合には、バンドの幅が拡大から収縮に向かう瞬間を狙うのがポイントですが、異なる指標を併用するなど、分析の精度を高める努力も必要です。

 

そして、この逆張りが成功しやすいのはレンジ相場や規則正しいトレンド相場など、比較的静かな相場であるとされています。

相場が急変した場合やもみ合い相場から大きなトレンドが上下に発生するような場合には失敗するケースが多いため、しっかり見極めてから判断するようにしてください。

 

活用法② バンドの拡大に注目した順張り

ボリンジャーバンドは、相場の動きが少ないときにはバンドの幅が狭まり、相場の動きが大きいときにはバンドの幅が広がります。

そこで、狭い値幅で動いていたチャートが一定方向に勢いよく動き出した瞬間をバンドの幅で確認し、そのまま方向性に乗るのがバンドの拡大に注目した順張りです。

この順張りが成功しやすいのは、静かな相場が方向性を持って大きく動き始めた瞬間ですので、規則正しく動きの少ない相場や、大きく動いていた相場が小休止するようなタイミングにはおすすめできません。

 

まとめ

今回は、ボリンジャーバンドとは何か、動きのパターンや活用方法についてお伝えしました。

ボリンジャーバンドの動きのパターンは3つあり、それぞれの特徴を理解することで、今どうするべきかを判断する材料になります。

 

逆張り順張りという正反対の活用法があるので難しく感じるかもしれませんが、相場の状況判断をするためにも有効なテクニカル分析ですので、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

-テクニカル分析

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.