債券

社債とは?株式との違いやメリット・デメリットをわかりやすく解説

社債とは?株式との違いやメリット・デメリットをわかりやすく解説

社債とは企業が発行する債券のことで、株式の発行や金融機関からの借入のように、企業の資金調達に用いられる手段の一つです。

しかし、社債も株式も、企業が資金を集めるために発行するという点では同じですが、まったく違う特徴を持っています。

 

そこで今回は、債権とは何か、株式との違いや債券の種類、メリット・デメリットについて解説します。

 

社債とは?

社債とは、企業が投資家から資金を募る際に発行する有価証券で、返済期日や金利が明記されており、借用証明の役割を果たすものでもあります。

そして、返済期日までの間は一定期間ごとに金利が支払われ、返済期日に元本が戻ってくるというものです。

 

ただし、企業が破綻した場合には元本が返済されない可能性もあります。

また、多くの社債は機関投資家向けに発行されているため、最低購入単位が1億円程度にもなりますが、個人投資家向けに購入単位を低く設定した「個人向け社債」も発行されており、社債によっては10万円単位購入できることもあります。

 

株式との違い

企業の資金調達手段には、社債以外にも株式の発行や金融機関からの借入がありますが、勘違いされやすいのが社債と株式の違いです。

お伝えした通り、社債には返済期日や金利が明記されており、企業には返済義務がありますが、株式は、あくまで投資家による出資です。

 

この点が、債権と株式の大きな違いであると言えるでしょう。

また、株式投資の場合、出資によって企業の一部を所有することになり、企業の業績が上がれば株価も上がり、値上がり益や配当金が得られる可能性があります。

 

しかし、社債の場合、借入時に約束した金利以外にリターンは期待できず、株主のように経営への関与もできません。

これも、社債と株式が異なる点です。

 

社債の種類

一口に社債と言っても、社債には複数の種類があります。

そこで、それぞれの特徴を確認していきましょう。

 

普通社債(SB)

普通社債はSB(Straight Bond)とも呼ばれ、一般的に社債といえば、この普通社債を指します。

あらかじめ設定された返済期限までの間、投資家に利息(クポン)が支払われる仕組みになっているもので、多くの場合が固定金利です。

 

そして、信用リスクに比例して利息が高くなる傾向があるのが特徴です。

 

転換社債(CB)

転換社債(転換社債型新株予約権付社債)は、CB(Changeable Bond)とも呼ばれ、ベースとなる仕組みは普通社債と同じですが、一定条件において、社債を発行している企業の株式に転換できるという特別条件付きの社債です。

基本的には社債として利息を受け取ることができ、株式への転換によって値上がり益も得られるというメリットがありますが、普通社債に比べると利息が低く設定されるというデメリットもあります。

 

ワラント債

ワラント債(新株予約権付き社債)は、通常の社債に加え、その企業の株式を一定金額で購入できる権利が付帯された社債です。

転換社債のように、社債を株式に転換するものではなく、社債にプラスして株式を購入することになるため、相応の資金が必要になります。

 

劣後債

劣後債とは、投資家に対する債務の弁済順位が低い代わりに、金利を高く設定した社債です。

弁済順位が低いということは、企業が破綻した場合に損失を被るリスクが高くなるということですが、そのリスクを許容できるような投資家であれば、逆にメリットは大きいと考えられます。

 

電力債

電力債とは、文字通り電力会社が発行する債券です。

通常、社債には担保がありませんが、電力債は電気事業法によって一般担保付社債と認められているため、電力会社が保有する資産に担保がついています。

 

つまり、万が一電力会社が倒産しても、保有資産から他の債権者より優先して返済を受けることができるため、投資家にとってはリスクが低い債券です。

 

社債のメリット・デメリット

社債のメリットは、金融機関の定期預金より金利が高い点です。

基本的に、社債の場合、返済期限には元本が戻ってきますし、その間は定期的な利息を受け取ることができますので、定期預金よりも効率よく資産形成ができる手段の一つだと言えるでしょう。

 

また、社債のデメリットは、企業の破綻などによるリスクがあることです。

まず、社債を発行している企業の経営状況が悪化した場合、定期的に受け取れるはずの利息の支払いが滞ることがありますし、企業が破綻した場合には元本が戻ってこないことも考えられます。

 

このようなリスクを避けるためにも、次にご紹介する注意点をしっかり押さえておきましょう。

 

社債を購入する際の注意点

社債のデメリットである、企業の破綻によるリスクを回避するためには、自己資本比率や格付けのチェックが必要です。

また、途中売却によるリスクについても確認しておく必要がありますので、それぞれの注意点を詳しく見ていきましょう。

 

自己資本比率のチェック

これからお金を貸そうとしている相手を知ることは、たとえ相手が企業であっても必要不可欠です。

そこで、まずは社債の購入を考えている企業の財務体質がどのようなものか、自己資本比率を指標に、しっかり確認しておきましょう。

 

自己資本比率とは、企業の総資産のうち、返済義務のない自己資本をどれだけ保有しているかを表す割合のことで、その数値が大きいほど借金などが少ないことを示しています。

ただし、健全であると判断できる自己資本比率の目安は、企業の規模や業種によってもことなるため、単に数値だけで判断することはできません。

 

その他の情報を織り交ぜながらチェックしていきましょう。

 

格付けのチェック

格付けとは、企業の業績や財務内容などを分析して、債券の元本や金利を支払う能力の安全度を順位付けすることで、専門の格付機関として、米国系のムディズ、欧米系のフィッチ・レティングス、格付投資情報センター(R&I)や日本格付研究所(JCR)などが知られています。

それぞれの格付機関によって格付けの符号や定義は異なりますが、一般的にはAAAが最上位で、次いでAA、A、BBB、BB、B続き、最下位はDで、これは債務不履行状態を示すものです。

 

基本的にBBB以上であれば投資適格と判断されますが、AAAであっても絶対に破綻しないというわけではありませんので注意が必要です。

なお、格付けが高いほど信用リスクは低くなりますが利息も低め、格付けが低いほど信用リスクは高くなり利息も高い傾向があります。

 

途中売却について

社債で設定されている返済までの期間は比較的長期であることが多く、短くても3~5年となっています。

期間が長ければ利率が高くなる傾向はありますが、返済までの間に、まとまった資金が必要になるなどの理由で途中売却をしてしまうと、元本割れするリスクも考えられます。

 

実際に、さまざまな影響によって社債の市場価格は毎日変わっており、特に金利変動による影響を受けやすい傾向がありますので、タイミング次第では元本割れも避けられない状況です。

債務不履行にならない限り、社債は一時的に債券単価が下がったとしても返済期日には元本が戻ってくるものですので、基本的には途中売却などをしなくてもいいよう、資金の余裕度も含めて検討するようにしてください。

 

まとめ

今回は、社債とは何か、株式との違いやメリット・デメリット、注意点についてお伝えしました。

社債は、定期預金よりも金利が高く、返済期日には元本が戻ってくるためリスクは低いというメリットはありますが、企業の破綻による損失のリスクも否定できません。

 

社債を購入する際には自己資本比率チェックや格付けチェックをしっかり行い、資金に負担がない範囲で検討するようにしてください。

-債券

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.