債券

個人向け社債とは?株式投資との違いとメリット・デメリットを解説

個人向け社債とは?株式投資との違いとメリット・デメリットを解説

株式投資を始めたばかりの方は、証券会社などで株式を売買したり、配当金をもらったりするだけと思っている方も多いかもしれません。

しかし、トレードを除いて投資の種類というのは意外とたくさんあり、それらを組み合わせたポートフォリオをうまく配分することで、資金を守ったり利益を最大化したりすることが可能です。

 

今回は、初心者の方でもわかりやすい投資の一つである、「個人向け社債」の特徴やメリット・デメリット、優良な個人向け社債の見分け方について解説します。

個人向け社債は実は非常に人気で、販売開始後すぐに完売する社債もあるほど注目を集めています。

 

財務諸表や会社四季法を読んだことがない方でも、ポートフォリオを充実させたい方の参考になるのでおすすめです。

 

社債とは?

個人向け社債の前に、社債について解説します。

社債とは、企業が新規事業、設備投資などで資金が必要になったとき、銀行からの融資以外から調達したい(あるいは、銀行の融資では足りない)ときに発行する「債権」のことを指します。

 

借用する金額とその金額が返済される日程、利息などが提示された上で購入するかの判断ができます。

銀行と違って審査などがないため、投資家から資金調達するスピードが速いのが特徴です。

 

投資家からすれば、金利が預金よりも大きいことがほとんどのため、預けるよりも大きなリターンが見込めることから人気があります。

社債にも種類がありますが、「普通社債」と呼ばれるものが一般的です。

 

返済期限が決められており、満期になると購入した金額がそのまま返済されて、満期まで投資家は利息を受け取ることができます。

満期になる前に売却したいなどの場合は、そのときの企業の時価により売却が可能です。

 

株式の購入との違い

「株式投資と同じでは?」と感じた方もいるかもしれませんので、社債と株式投資の違いを説明しておきます。

株式に関しては、いわばその企業への出資としての投資であるため、「その企業を信頼してお金を出している」ので、企業側からすると、その金額の返済義務はありません。

 

また、配当金に関しても企業側が自由に決めることができ、有名なアマゾンは、配当金を出さずにすべて事業投資に回していることはよく知られています。

これに対して、社債は企業側が投資家から「お金を借金している」状態を指しているので、明確な返済義務と利息の支払義務があるのです。

 

経営破綻などにより返ってこないという一部のリスクは当然ながらありますが、株式投資などの市場による損失などに比べて、安定しているというメリットがあります。

反対に言えば、株式ほどの大きなリターンを得ることもできず、株主総会の参画権限も付与されることはありません。

 

社債のメリット

ここまでみてきた上で社債のメリット何かというと、やはり金利の高さにあります。

日本銀行が2019年に公表したデータでは、銀行の預金金利(普通預金の場合)の平均は0.01%です。

 

それに対し、社債の金利として、有名なソフトバンクグループの社債の利率は2.03%など、圧倒的な数値を出しています。

これはあくまでも極端な例ですが、平均しても銀行預金をするよりも、高い金利で運用することが可能です。

 

社債のデメリット

リスクの少ない社債ですが、デメリットもないわけではありません。

まず、やはり購入金額が大きいため、一般的な投資家では購入が難しいことが挙げられます。

 

機関投資家向けであれば1億以上、一般の社債でも数千万円、安くても100万円など、余剰資金でそこまでの金額を出すには障壁が高いといえます。

また、その企業の経営が破綻したり、深刻な業績不振により、債務不履行になったり、利息の不払いが続くこともあります。

 

いかにリスクが小さいといっても、リスク管理は必ずしておかなければなりません。

 

個人向け社債とは?

社債を購入する障壁の高さの原因の一つに、「購入金額が大きい」ということを挙げました。

それを個人投資家向けに小額からでも購入できるようにしたものが、個人向け社債です。

 

場合にもよりますが、100万円から10万円や安いところだと、1万円でも購入できるものもあります。

そのため、非常に人気があり、販売から即完することもしばしばあります。

 

なぜ個人向け社債ができたのかというと、近年の経済の不安定性や、企業の経営が堅実であっても信憑性が薄れつつあるため、機関投資家や大口の社債を買う投資家が減ってきてしまったことが挙げられます。

それを補うために、小額にすることで、より多くの投資家から資金を集めやすくなり、資金調達のバラエティを増やすことが可能となりました。

 

基本的なメリット・デメリットに関しては前述の社債と同じですが、個人向け社債の特徴についても解説します。

 

小口(小額)から購入できる

個人向け社債の魅力は、小額購入が可能というところです。

マネックス証券の発行するマネックス債は、1万円からの購入が可能ということで話題になりました。

 

また、小額のため、投資家からすると、複数の企業の社債を購入することができ、リスクヘッジやポートフォリオの多様化を実現できるようになったことも人気の理由です。

 

Fundsであればさらに小口の1円から投資可能

近年注目を集める、個人向け社債と性質が類似した金融商品に「Funds」というものがあります。

これは資金調達を行う企業が貸付ファンドを組成し、これに対して個人が出資し、分配金を得られるというサービスです。

 

利回り年率は1.5~6%とういミドルリスク・ミドルリターンのものがメインとなっており、ファンドには運営であるクラウドポート社の選定基準をクリアした企業のみが参加できることから、高い人気を誇ります。

この様に、Fundsは個人向け社債とよく似た商品ですが、最大の特徴は1円から投資が可能という点です。

 

個人向け社債の小口投資ができる点に魅力を感じる方は、Fundsへの投資も検討してみるとよいでしょう。

 

購入が難しい

メリットが多い個人向け社債ですが、その分だけやはり人気です。

つまり、販売と同時にすぐに売り切れることも多く、また社債の発行が不定期かつ販売期間が短いということもあり、いつ購入ができるのかということを自身で調べないといけないということもあります。

 

そのため、販売情報を早めに入手し、事前に申し込みをしておくことが大切です。

 

優良な個人向け社債を見分け方

個人向け社債は、優良なものを見分ける必要があります。

社債の注意点として、「経営破綻などによる債務不履行」を挙げましたが、基本的には「健全な経営状態にある企業を探す」ことが最善であるといえます。

 

どのようにして判断するのかというと、発行元の企業の財務諸表や事業内容、さらには目論見書や有価証券報告書に目を通し、いかに健全であるかを、データを基にして徹底的にリサーチしておくことが全てです。

社債といっても株式投資と同じように、しっかりとその企業のデータを集めておくようにしましょう。

 

まとめ

今回は個人向け社債について、初心者の方でもわかるように解説しました。

株式投資の種類で資産を運用するのもいいですが、社債などを組み込むことで、バラエティに富んだポートフォリオを形成することができます。

 

リスクは0ではありませんが、投資の中では少ないのが特徴で、株式投資を同じくらいの金額で購入できるメリットもあります。

しっかりリサーチをして有望な社債であると判断したら、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

-債券

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.