ファイナンシャルプランナー

金融プロフェッショナルへの登竜門!ファイナンシャルプランナー1級、2級、3級の難易度について詳細解説。

金融プロフェッショナルへの登竜門!ファイナンシャルプランナー1級、2級、3級の難易度について詳細解説。

ファイナンシャルプランナーとして勤務する際、資格をもっておくと顧客からの信頼度が高くなります。

ただ、FP資格の試験がどれほどの難易度か、あまり知られていません。

 

今回は、FP試験とは一体どんな試験なのか、難易度や試験科目などに触れながら解説していきます。

 

ファイナンシャルプランナーとは?

ファイナンシャルプランナーとは、収支や負債、家族構成、資産状況などの情報から、個人に対して最適な資金計画、ライフプランを提案、アドバイスする職業です。

近年、終身雇用の崩壊や年金制度の縮小などから、個人の資産状況の改善に対するニーズが高まっており、ファイナンシャルプランナーが注目を集めています。

 

ファイナンシャルプランナーの資格

ファイナンシャルプランナーの資格は、「ファイナンシャルプランニング技能士(FP技能士)」と呼ばれています。

FP技能士は、厚生労働省が認可した国家資格となります。

 

FP技能士は「1級、2級、3級」とランク分けがなされています。

それぞれの資格を取得するためには「試験」に受からなければなりません。

 

FP技能士の試験は、金融財政事情研究会(きんざい)と日本ファイナンシャルプランナーズ協会が実施しています。

 

ファイナンシャルプランナー技能試験の難易度

ファイナンシャルプランナー技能試験の難易度は、1級から順に難易度が高くなります。

3級に関しては、初学者の方でもテキストを使った勉強で十分対応可能です。

 

一般常識的な部分も多いので、勉強を進めやすいと思います。

2級になってくると、少々専門的な内容になってきます。

 

テキストを使った勉強に限界を感じたら、スクールに通ったり、動画講座を視聴することをおすすめします。

1級に関しては、実際にFPとしての勤務経験が長い方向けの試験です。

 

実務試験で、実際に口頭試問が行われるので、1級はすでにFPとして働いている方が挑戦すべき試験となっています。

 

ファイナンシャルプランナー技能試験の内容

ファイナンシャルプランナー技能試験は学科試験と実技試験で行われます。

級ごとに内容がことなりますので、それぞれ確認していきましょう。

 

FP技能試験3級の試験内容

【学科試験詳細】
マークシート形式→60問、制限時間120分
合格点→36点以上(60点満点)

 

【試験科目】
ライフプランニングと資金計画
内訳: ファイナンシャルプランニングと倫理
ファイナンシャルプランニングと関連法規
ライフプランニングの考え方、手法
社会保険
公的年金
企業年金、個人年金等
年金と税金
ライフプラン策定上の資金計画
ローンとカード
ライフプランニングろ資金計画の最新の動向

 

リスク管理
内訳: リスクマネジメント
保険制度全般
生命保険
損害保険
第三分野の保険
リスク管理の最新の動向

 

金融資産運用
内訳: マーケット環境の理解
預貯金、金融類似商品等
投資信託
債券投資
株式投資
外貨建商品
保険商品
金融派生商品
ポートフォリオ運用
金融商品と税金

 

タックスプランニング
内訳: わが国の税制
所得税の仕組み
各種所得の内容
損益通算
所得控除
税額控除
所得税の申告と納付
個人住民税
個人事業税
タックスプランニングの最新の動向

 

不動産
内訳: 不動産の見方
不動産の取引
不動産に関する法令上の規制
不動産の取得、保有に係る税金
不動産の譲渡に係る税金
不動産の賃貸
不動産の有効活用
不動産の証券化
不動産の最新の動向

 

相続・事業継承
内訳: 贈与と法律
贈与と税金
相続と法律
相続と税金
相続財産の評価(不動産以外)
相続財産の評価(不動産)
不動産の相続対策
相続と保険の活用
相続、事業継承の最新の動向

 

FP技能検定3級の内容を勉強すれば、資産運用などファイナンシャルプランニングの基礎知識が身に付きます。

これらの知識は、資格取得のみならず、自身が資産運用を行う際にも非常に有用な知識になります。

 

FPg技能士の資格取得を目指しながら、自身の金融リテラシーも高められますので、まさに一石二鳥ですね。

次は実技試験の内容になります。

 

【実技試験詳細】
マークシート形式→20問、制限時間60分
合格点→60点以上(100点満点)

 

【試験科目】
資産設計提案業務
内訳: 関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャルプランニング
ファイナンシャルプランニングのプロセス
顧客のファイナンス状況の分析と評価

 

実技試験という名称ですが、3級の場合、「実技に関するマークシート試験」と呼んだ方が正確ですね。

ファイナンシャルプランニングを行う上で必要となってくる実務の基本知識が問われてきます。

 

FP技能試験2級の試験内容

次に、FP技能士試験2級の試験内容を見ていきましょう。

【学科試験】
マークシート形式→60問、制限時間120分
合格点→36点以上(60点満点)

 

【試験科目】
ライフプランニングと資金計画
内訳: ファイナンシャルプランニングと倫理
ファイナンシャルプランニングと関連法規
ライフプランニングの考え方、手法
社会保険
公的年金
企業年金、個人年金等
年金と税金
ライフプラン策定上の資金計画
中小法人の資金計画
ローンとカード
ライフプランニングと資金計画の最新動向

 

リスク管理
内訳: リスクマネジメント
保険制度全般
生命保険
損害保険
第三分野の保険
リスク管理と保険
リスク管理の最新の動向

 

金融資産運用
内訳: マーケット環境の理解
預貯金、金融類似商品等
投資信託
債券投資
株式投資
外貨建商品
保険商品
金融派生商品
ポートフォリオ運用
金融商品と税金
セーフティネット
関連法規
金融資産運用の最新の動向

 

タックスプランニング
内訳: わが国の税制
所得税の仕組み
各種所得の内容
損益通算
所得控除
税額控除
所得税の申告と納付
個人住民税
個人事業税
法人税
法人住民税
法人事業税
消費税
会社、役員間および会社間の税務
決算書と法人税申告書
諸外国の税制度
タックスプランニングの最新の動向

 

不動産
内訳: 不動産の見方
不動産の取引
不動産に関する法令上の規制
不動産の取得、保有に係る税金
不動産の譲渡に係る税金
不動産の賃貸
不動産の有効活用
不動産の証券化
不動産の最新の動向

 

相続・事業継承
内訳: 贈与と法律
贈与と税金
相続と法律
相続と税金
相続財産の評価(不動産以外)
相続財産の評価(不動産)
不動産の相続対策
相続と保険の活用
事業継承対策
事業と経営
相続、事業継承の最新の動向

 

学科試験の科目は、3級とほとんど相違ないですね。

ただし、同じ科目であっても2級の方が深い知識が問われるので、3級で勉強したからといって、油断してはいけませんよ。

 

次に実技試験の内容です。

 

【実技試験】
記述式→40問、制限時間90分
合格点→60点以上(100点満点)

 

【試験科目】
資産設計提案業務
内訳: 関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャルプランニング
ファイナンシャルプランニングのプロセス
顧客のファイナンス状況の分析と評価
プランの検討、作成と提示

 

実技試験に関しては、内容が3級と少々異なります。

より具体的な業務に関する内容が問われるので、実務経験がある方が少々有利な試験となっています。

 

ただ、実務経験がなくても、テキストを使った勉強で十分対応ですので、安心してください。

 

FP技能試験1級の試験内容

1級の技能試験の内容は以下の通りです。

・関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャルプランニング

・顧客データの収集と目標の明確化

 

両者とも、実際に目の間に顧客がいることを想定して、試験が実施されます。

2級、3級の実技試験とは異なり、「ファイナンシャルプランニングの実務能力」が問われるので、受験前までに十分訓練を積んでおく必要があります。

 

まとめ

ファイナンシャルプランナーの試験は1級、2級、3級に階層分けされています。

それぞれの級で、ファイナンシャルプランニングに必要な知識を問われ、実際の業務を円滑にこなせる能力を備えてるか、チェックされます。

 

2級、3級に関しては、市販のテキストでも十分対応可能ですが、1級になると独学のみでは厳しい部分があります。

1級の対策を行う際は、スクールの利用も視野に入れることをおすすめします。

-ファイナンシャルプランナー

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.