自己投資

金融のプロフェッショナル!ファイナンシャルプランナーの仕事内容・年収事情をご紹介。

金融のプロフェッショナル!ファイナンシャルプランナーの仕事内容・年収事情をご紹介。

資産運用や貯蓄、家計管理など金融関連の悩み事で頭をかかえている方、少なくないと思います。

このような悩みを解決に導いてくれるのが「ファイナンシャルプランナー」と呼ばれる人たちです。

 

今回は、このファイナンシャルプランナーについて、仕事内容や試験、年収など基本情報をまとめていきます。

 

ファイナンシャルプランナーとは?

ファイナンシャルプランナーとは、「ファイナンシャルプランニング」に基づいて、顧客の金融関連の問題を解決していく職業です。

ファイナンシャルプランニングとは、家計に関わる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金などの幅広い知識を使って、資金計画を立てることを指します。

 

ファイナンシャルプランナーは、銀行や証券会社、保険会社で働くケースが多いですが、実績を積んだ後に個人事務所を開設する人もいます。

 

ファイナンシャルプランナーの仕事内容

ファイナンシャルプランナーは、顧客の相談に応じて、家計管理や資産形成などのアドバイスをしていきます。

下記、ファイナンシャルプランナーが対応する相談テーマの一例です。

 

・家計管理
→日々の家計管理、貯蓄方法 など
・老後の生活設計
→老後の生活資金の準備方法、生活設計方法 など
・教育資金
→教育資金の準備方法、奨学金の活用 など
・資産運用
→退職金の運用方法、金融商品のしくみ など
・税制
→医療費控除や配偶者控除、所得税のしくみ など
・保険
→保険のしくみ、死亡保障、医療保障の考え方
・介護、医療費
→介護費用の準備方法、介護保険制度のしくみ など
・相続、贈与
→遺言、相続に関する準備方法、子供や孫への資産贈与

 

上記のジャンルはあくまでも一例で、家計の資産管理、資産運用に関する相談であれば基本的にファイナンシャルプランナーが扱える領域となります。

 

ファイナンシャルプランナーの年収は?

ファイナンシャルプランナーの年収は、まず「企業勤め」か「個人事業主」かで、変わってきます。

企業に所属するファイナンシャルプランナーの場合、年収は所属企業の規模によって変わってきます。

 

ファイナンシャルプランナーは、基本的に金融機関で勤めるケースが多いので、大手の金融機関に勤めた場合は、年収500万円以上になることもありますね。

ただ、基本的には月給が20万円台~30万円台で収まることが多いですね。

 

企業によっては、ファイナンシャルプランニングの資格を保有している従業員に対して、資格手当をつけるところもあります。

求人情報の欄に、資格給の有無が記載されているかどうか、事前に確認しておきましょう。

 

独立して働く場合、極論を言うと年収は青天井です。

相談料や顧客の人数によって、企業勤めのファイナンシャルプランナーよりも大幅に高い年収を得られる可能性があります。

 

ただ、逆も然りで、顧客が十分に確保できなかった場合は、年収200万円以下というのも起こってきます。

独立すれば年収が上がるという訳ではありません。

 

将来的に独立を考えている場合も、まずは企業勤めのファイナンシャルプランナーとして経験を積んでいくことが大切になります。

企業で勤めていく中で、ファイナンシャルプランナーとして手応えが掴めてきたら独立を視野にいれていきましょう。

 

ファイナンシャルプランナーになるには?

ファイナンシャルプランナーになるには、資格を取得しておくと有利です。

資格を取得していなくても、ファイナンシャルプランニングの業務を行うことは理論上、可能です。

 

実際に、金融機関での経験が長い方は、わざわざファイナンシャルプランニングの資格をとらなくても、ファイナンシャルプランニング業務をこなすことは可能です。

ただ、金融機関での経験が浅い方、または未経験の方がファイナンシャルプランナーとして働くとなると、やはり資格をもっていた方が顧客からの信頼度が上がります。

 

ファイナンシャルプランナーの資格として最もポピュラーなのが「ファイナンシャルプランニング技能検定」です。

ファイナンシャルプランニング技能検定は、難易度が高い順に1級、2級、3級と階層分けされています。

 

それぞれの級で「学科試験」「実技試験」が課されて、両者に合格することで技能資格を取得することが可能です。

 

ファイナンシャルプランナーの将来性

ファイナンシャルプランナーという仕事は、非常に将来性のあるものと言えます。

というのも、近年、年金制度の縮小や終身雇用の崩壊など、家計の資金計画を揺るがすニュースが度々報道されています。

 

11月には日米間でのFTA締結が決定して、日本の社会保障制度が大きく変わってくる可能性もあります。

このように、家計を取り巻く金融環境が激変する時代が到来するかもしれないのです。

 

将来の見通しがつきづらい世の中では、金融知識豊富なファイナンシャルプランナーは重宝されるでしょう。

ファイナンシャルプランナーの仕事は「人間対人間」の仕事でもあるので、AI技術にとられる可能性も低いです。

 

加えて、ファイナンシャルプランナーになるための勉強をするだけでも、自身の金融リテラシーを高めてくれます。

書店に行けば、ファイナンシャルプランナー試験の学科教本がたくさん売っていますので、自身にあった教本を買って勉強するのもおすすめですよ。

 

ファイナンシャルプランナーの資格をとるのに学校へ行く必要はある?

ファイナンシャルプランナーの資格を取るために、専門学校等のスクールへ通うことは、「ケースバイケース」と言えます。

3級、2級であれば、市販の参考書の勉強でも十分対応できる部分が多いです。

 

ただ、1級となると、学科試験の内容がより専門的になるため、参考書での勉強だけでは苦しい部分があります。

加えて、1級では実技試験で口頭試問があるため、事前に訓練をしておかないとパスするのは厳しいです。

 

日常的に、ファイナンシャルプランニングの業務に取り組んでいる方であれば問題ありませんが、業務に取り組めていない場合は、スクールに通って対策を行うことをおすすめします。

 

まとめ

ファイナンシャルプランナーの仕事は、家計の管理や資産運用など、個人のニーズに応じて金融的な解決策を提示することがメインになります。

扱う分野は、投資から税制、相続、貯蓄など幅広いです。

 

ファイナンシャルプランナーの資格試験に合格する過程で、これらの知識を身に着けていくことになります。

今後、ファイナンシャルプランナーの需要はますます高まってくることが予想されますので、FPの職につきたい方は資格取得されることを強くおすすめします。

-自己投資

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.