ファイナンシャルプランナー

名前は似てても仕事内容は違う?ファイナンシャルプランニング技能士、AFP、CFPの違いを徹底解説!

名前は似てても仕事内容は違う?ファイナンシャルプランニング技能士、AFP、CFPの違いを徹底解説!

ファインシャルプランナー関連の資格には、ファイナンシャルプランニング技能士、AFP、CFPなど様々な種類があります。

いざ、FPの資格をとりたいと思ったときに、どの資格をとればよいのか、迷ってしまいますよね。

 

今回は、これらの資格が具体的にどんな点で異なるのか、詳細に解説していきます。

 

ファイナンシャルプランニング技能士とは?

ファインシャルプランニング技能士とは、ファイナンシャルプランナーの国家資格です。

厚生労働省が国家資格として認可をしています。

 

金融財政事情研究会、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が試験を実施しており、試験に合格することでファイナンシャルプランニング技能士の資格を得ることができます。

資格を取得した人は、資産構築、貯蓄、投資のプランの提案や相談などのファイナンシャルプランニングの技能を認定されます。

 

資格を持っているからといって、就職が保証されている訳ではありません。

試験は、1級、2級、3級に区別されています。

 

高い級を保有するほど、ファイナンシャルプランニングの技能が高いと認定されます。

 

ファイナンシャルプランニング技能士試験の受験資格

ファイナンシャルプランニング技能士試験の受験資格は、以下の通りです。

1級
学科試験
・実務経験が5年以上の者
・2級合格後、実務経験1年以上の者
・厚生労働省認定金融渉外技能審査2級の合格者で、1年以上の実務経験を有する者

 

実技試験
・1級学科試験の合格者
・「FP養成コース」修了者でFP業務に関して1年以上の実務経験を有する者
・日本FP協会のCFP認定者
・日本FP協会のCFP資格審査試験の合格者

 

2級
・3級技能検定の合格者
・FP業務に関して2年以上の実務経験を有する者
・日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
・厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者

 

3級
・FP業務に従事している者。もしくは従事しようとしている者

 

ファイナンシャルプランニング技能士の試験内容

ファイナンシャルプランニング技能士の試験内容は、級ごとに異なってきます。

1級
学科試験(選択形式→50問、記述式→5題、試験時間→120分)

 

・ライフプランニングと資金計画
・リスク管理
・金融資産運用
・タックスプランニング
・不動産
・相続、事業継承

 

実技試験(口頭試問、資産相談業務)
・資産相談業務(金融財政事情研究会実施)
・資産設計相談業務(日本FP協会実施)

2級
学科試験(マークシート→60問、試験時間→120分)
・ライフプランニングと資金計画
・リスク管理
・金融資産運用
・タックスプランニング
・不動産
・相続、事業継承

 

実技試験(記述式→40問、試験時間→90分)
・関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャルプランニング
・ファイナンシャルプランニングのプロセス
・顧客のファイナンス状況の分析と評価
・プランの検討、作成と提示業務

 

3級
学科試験(〇×式、三答択一式→60問、試験時間→120分)
・ライフプランニングと資金計画
・リスク管理
・金融資産運用
・タックスプランニング
・不動産

 

実技(三答択一式→20問、試験時間→60分)
・関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャルプランニング
・顧客のニーズおよび問題点の把握
・問題解決策の検討、分析

 

各試験の合格基準は以下の通りです。

1級
学科試験→200点満点で120点以上
実技試験→200点満点で120点以上

 

2級
学科試験→60点満点で36点以上
実技試験→50点満点で30点以上

 

3級
学科試験→60点満点で36点以上
実技試験→50点満点で30点以上

以下の項目に当てはまる場合、科目の一部が免除されます。

 

・1級の技能検定の合格者は、1、2、3級の学科試験が免除

・金融財政事情研究会が実施する「FP養成コース」の修了者でFP業務1年以上の実務経験を有している場合は、1、2、3級の学科試験が免除

 

・日本FP協会のCFP認定者は1級の学科試験が免除

・日本FP協会のCFP資格審査試験の合格者は1級の学科試験が免除

 

・2級の技能検定の合格者は2、3旧の学科試験が免除

・1、2級学科試験のみの合格者は2級の学科試験が免除

 

・2級実技試験のみの合格者は2級の実技試験が免除

・3級の技能検定の合格者は3級の学科試験が免除

 

・1、2、3級学科試験のみの合格者は3級の学科試験が免除

・3級実技試験のみの合格者は3級の実技試験が免除

 

上記の項目に当てはまる場合は、受験前に協会へ申し出るようにしましょう。

 

AFPとは?

AFPは正式名称「Affiriated Financial Planner、アフィリエイテッド・ファイナンシャルプランナー」と呼びます。

日本FP協会が運営を行っている民間資格となります。

 

AFP資格を取得することで、顧客に対するファイナンシャルプランニング業務において、基本的なインタビュー技術、提案書の作成技術があると認定されます。

AFPの資格には有効期限があります。期限は、合格した試験日、もしくはAFP認定研修終了日のいずれか遅い日の翌々年の年度末になっています。

 

資格を更新するには、15単位以上の継続教育単位を取得することが条件です。

 

AFPの資格を取得するには?

AFP資格を取得するには、日本FP協会が認定する教育機関が実施する「AFP認定研修」の修了が要件のひとつとなっています。

AFP認定研修は、FPに必要なコンプライアンスや倫理、ライフプラン、金融、保険などの知識を学習できるよう講座が構成されています。

 

もう一つのAFP資格認定の要件は、2級FP技能検定に合格することです。

FP技能士とAFPは、国家資格か民間資格かという点で違いがありますが、試験実施団体は両者ともに同じです。

 

2級FP技能検定は、AFP資格審査試験を兼ねていると言えます。

 

CFPとは?

CFPとは、北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアを中心に世界24ヵ国、地域で導入されているFP資格です。

CFPを取得すると「世界共通のFP技能を保有している」という認定が与えられます。

 

CFPを保有していると、FP業務において顧客からの信頼度がより高まります。

世界基準のFP技能を持っている証ですので、FP業務をより拡大していきたいと考えているFP従事者におすすめの資格と言えます。

 

CFP認定者になるには?

CFPの認定者になるためには、AFPの資格を得た上で、以下の6科目のCFP資格審査試験に合格する必要があります。

・金融資産運用設計
・不動産運用設計
・ライフプランニング、リタイアメントプランニング
・リスクと保険
・タックスプランニング
・相続、授業継承設計

 

これらの試験は、6科目一括でも、1科目ずつでも受験することが可能です。

1度合格した科目は、生涯有効になります。

 

6科目のCFP資格審査試験に合格した後、CFPエントリー研修を受講します。

研修受講の後、3年間の実務経験を経て、晴れてCFPの資格が認定されます。

 

まとめ

ファイナンシャルプランニング技能士、AFP、CFPはそれぞれファイナンシャルプランニングの資格ですが、試験内容や国家資格、民間資格の違いなどでそれそれ微妙な違いがあります。

 

ただ、どの資格でもファイナンシャルプランニングの技能を証明するものには変わりありません。

自身の興味関心に応じて、どのファイナンシャルプランニングの資格を取るか、選ぶことをおすすめします。

-ファイナンシャルプランナー

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.