ファンダメンタルズ分析

これだけ読めばざっくりわかる!初心者のための財務三表とその中のフリーキャッシュフローの読み方

これだけ読めばざっくりわかる!初心者のための財務三表とその中のフリーキャッシュフローの読み方

株式を始めるにあたり、利益を見込むには財務三表が欠かせません。

年度毎の資産状況や、キャッシュの周り方、負債と資本が資産とどのようにして釣り合っているのかなどを全て数字で事実ベースで追いかけてこそ、合理的な判断が可能となるためです。

 

しかし、独学で財務三表を学ぶには少し硬い言葉や額の大きい数字が多いため、抵抗がある方が多いのも理解できます。

そこで、今回は初心者でもわかる投資に使える財務三表を使った「フリーキャッシュフロー」の見方について解説していきます。

 

そもそも財務三表とは?

いきなり登場したフリーキャッシュフローですが、どのようなものかというと、フリー(自由)キャッシュ(お金)フロー(流れ)なので、「企業が自由に使える金額」とまずは認識しておきましょう。

詳しく理解するためには、財務三表のP/L、BS、CFについて少し知っておく必要がありますので、先に紹介します。

 

すでに理解されている方は読み飛ばしていただいて大丈夫です。

 

財務三表①P/L

まず初めはP/L(損益計算書)についてです。

一言で言えば会社が今年どのくらい売り上げて、最終的に残った金額はどのくらいなのかを表しています。

 

財務三表の中では一番理解しやすい表と言われていて、投資においても非常に使い勝手の良い表です。

 

財務三表②BS

BS(貸借対照表)についてです。

こちらはバランスシートとも言われ、会社の資産の内訳としてどの程度が負債(外部から借りているお金)と純資産(企業の持つお金)で構成されているのかをあわらしています。

 

これを読むことで、その企業の財政状況が理解でき、細かくみていくとどのくらいのキャッシュで企業を動かしているのか、固定資産、固定負債はどのくらいあるのかもわかります。

 

財務三表③CF

CF(キャッシュフロー)は今回のテーマとなるフリーキャッシュフローに一番関わるため、丁寧に解説します。

このCFが何を意味しているのかというと、その企業が今年度にどの程度のキャッシュを保有していて、それを今年度末にどのくらい余っていたのか、について記載されています。

 

大きく3つの項目に分かれていて、営業活動によるキャッシュフロー、投資活動によるキャッシュフロー、財務活動によるキャッシュのフローがあります。

営業活動のキャッシュフローは、その企業の中心となる事業で得た利益を表します。

 

こちらの数字がプラスであることが基本的には健全のしるしと思って問題ありません。

投資活動のキャッシュフローは投資関連(他企業の株式取得、不動産などの購入や売却など)でのキャッシュフローを表します。

 

投資であるため、マイナス、つまり他企業などに投資や不動産を保有している方が、一般的には好ましいと言われます

しかし、企業の方向性などを変えたりする際に不動産の売却などによるプラスになる時もあるため、どちらが良いかは少し判断が必要になります。

 

財務活動によるキャッシュフローは企業が主に銀行などの金融機関から借入金の返済や、株式発行により発生するキャッシュフローを表します。

こちらも借金をいみするため、マイナスの方が好ましいですが、プラスであっても優良である可能性があるため判断が必要になります。

 

フリーキャッシュフローとは?

財務三表がざっくり理解したところで、本題のフリーキャッシュフローが何かについて説明していきましょう。

フリーキャッシュフロー=(営業活動のキャッシュフロー) – (投資活動によるキャッシュフロー)で表すことができます。

 

言葉で説明すると、営業活動のキャッシュフローで得た利益を投資活動のキャッシュフローで使った金額を引いたものです。

つまり、本業で稼いだ利益から、現状維持や成長に必要なお金を差し引いた、純粋に企業に余ったお金ということと認識しておいてまず問題ありません。

 

先ほど説明したようにCFの投資活動、財務活動のキャッシュフローはプラスとマイナスどちらであってもすぐには判断が難しいと書きました。

しかし、このフリーキャッシュフローは会社に残るお金なのでプラス、出来るだけ大きいプラスである方が良いです。

 

つまり、投資活動のキャッシュフローがプラスであっても、フリーキャッシュフローがマイナスになるほどの値であるとその企業は投資対象にならないと判断できます。

なので、営業活動のキャッシュフローがプラスで投資活動のキャッシュフローがマイナスであると、必然的にフリーキャッシュフローはプラスになりますから、初心者の方はまずはこのような企業を探しましょう。

 

フリーキャッシュフローで読み取れること

では、フリーキャッシュフローで企業が自由に使えるお金であることは理解しましたが、一体そこから何が読み取れるか、ということになります。

 

フリーキャッシュフローがプラスの時

健全な企業と言えます。

銀行などの借入金や株式を発行せずに純資金で新事業を立ち上げたりすることが可能になるので、将来的にも財務安定と成長を図ることができます。

 

フリーキャッシュフローがマイナスの時

投資対象からは避けるべき企業です。

会社に残っているお金がなく、それらを補うためにあらたに金融機関からの借入、保有していた資産の売却などに踏み込んでしまう可能性もあります。

 

しかし、投資上級者になると、マイナスであってもそのマイナスが積極的な投資姿勢によるものと判断すれば、後に莫大なリターンを見込める可能性もあるので、財務三表を細かく読めるようになれば対象に入れてもいいでしょう。

 

平均的な目安

投資初心者はフリーキャッシュフローがまずはプラスの企業を見つけることから始めるのが大事ですが、平均としておおよそ5期分を調べて、その平均がプラスかどうかを判断しておくとさらに安全と言えます。

実際に今年だけマイナスになっていたり、今年だけプラスという可能性もあり、一年だけではその会社が今後も安定した経営をしてくれるのかは判断できません。

 

まずは5年平均する、とだけ意識しておきましょう。

 

まとめ

今回は初心者向けに簡単な財務三表の紹介と、フリーキャッシュフローについて解説してきました。

簡単な理解するだけなら今回の内容で問題ありません。

 

堅実な投資にはこの財務三表の読み取りは欠かせない役割となります。

今回の内容からさらに深掘りして、様々な財務三表の見方を習得するとより確率の高いリターンを見込めるようになるので、興味をもった方は一度調べてみてはいかがでしょうか?

-ファンダメンタルズ分析

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.