初心者

ジブリの法則とは?ジブリ映画が放映されたら株価が急落する理由を解説

ジブリの法則とは?ジブリ映画が放映されたら株価が急落する理由を解説

「となりのトトロ」や「千と千尋の神隠し」など、ジブリの歴代作品は今もなお人気を博しています。

テレビでジブリ映画が放映されると、SNSで軒並み話題になりますね。

 

実は、ジブリ映画に関連して、株価、為替の変動が起こることがあります。

この現象を「ジブリの法則」と呼びます。

 

今回は、このジブリの法則について、詳細を徹底解剖していきます。

 

ジブリの法則とは?

ジブリの法則とは、テレビでジブリ映画が放映された翌営業日の株式市場にて、株価が上昇する、もしくは外国為替市場で日本円が円高になる事象のことです。

ジブリ映画は、毎週金曜21:00から放送されてる「金曜ロードショー」にて、放映されます。

 

この金曜ロードショーでジブリ映画が流された後に、日本企業の株価が減少、日本円が円高になるという不思議な現象が起こるのです。

 

なぜジブリの法則が起こるのか?

ジブリの法則は、一見すると科学的には説明できない現象のように見えますが、実は1つだけ、ジブリの法則と連動するイベントがあります。

それは、アメリカの「雇用統計(米国雇用統計)」の発表です。

 

金曜ロードショーにて、ジブリ映画が放映される際に、丁度「米国雇用統計の発表と被る」という瞬間が多く見られます。

米国雇用統計の発表は、世界中のマーケットに影響を与える、一大発表です。

 

日本の株式市場、為替相場のみならず、世界中の株式市場、為替相場が発表に反応します。

金曜ロードショーでのジブリ映画の放映が、たまたま米国雇用統計の発表と被ってしまい、あたかもジブリ映画の影響で株価、為替が変動すると見られてしまっているのです。

 

雇用統計だけでは説明できない部分もある

ただ、ジブリの法則は米国の雇用統計の発表のみでは説明できない部分もあります。

米国の雇用統計が発表された際に、ジブリ映画が放映されても株価の下落が起こらないこともあるからです。

 

ジブリの法則は、一種のオカルト的な考えが含まれているとも言えます。

通常、日本のテレビで映画が放映されたぐらいでは株価や為替相場は変動しないはずです。

 

この程度の現象が、市場や相場に影響を与えているとしたら、メディアや書籍などで、もっと大々的に取り扱われているはずです。

ジブリ映画の放映によって、株価が変動してしまうのではなく、ジブリ映画の放映期間が「経済成長の浮き沈み」と丁度マッチしている可能性もあります。

 

経済は「好景気」と「不景気」のサイクルを続けているので、たまたま、ジブリ映画の放映日がこのサイクルに絡まってしまった可能性も十分あります。

 

ジブリの法則を過信するのはギャンブルと同じ!?

ジブリ映画が放映されると、SNS上で「ジブリの法則」に関する話題が出てきます。

中には、ジブリ映画放映に合わせて、かなりの金額を投資したと豪語するユーザーもいますね。

 

ただ、先ほど述べたように、ジブリの法則は100%起こるものではなく、ジブリ映画が放映されても株価が下がったり、円高になったりするかどうかはわかりません。

ジブリの法則を過信して、金額を張ってしまうのは、競馬やパチンコで大金を張るのと何ら変わりません。

 

とくに、外国為替取引(FX)で高レバレッジをかけて、一発大勝負に出るようなことは、もはや投資とは呼べません。

ジブリの法則を過度に信じすぎて、大金を張ることは避けましょう。

 

仮に、1回の投資でたまたまジブリの法則通りに事が運んでも、再度同じように成功するかどうかは未知数です。

「ジブリ映画が放映される=株価が下がる、円高になる」と直結して考えてしまうことは、避けた方が無難だと言えますね。

 

人間の心理がジブリの法則を支えてる!?

ジブリの法則が、一種のオカルト的信仰を集めている理由として、人間特有の心理状態が挙げられます。

人間は、「珍しいこと」や「強い刺激を与えるもの」に対して、敏感に反応します。

 

通常、映画が放映されて株価や為替が変動することは想定できません。

しかし、ジブリ映画放映後に株価の下落、円高が進行するなど、想定外のことが起こると、その事象に対して過敏に反応してしまうのです。

 

また、ジブリの法則のように「人を驚かせる情報」は確かな根拠がなくても、人伝えに広まっていきます。

証拠や論理関係の検証は飛ばされて、「すごい情報」という理由で拡散していくのです。

 

Twitterでも、大衆の興味関心をわしづかみする情報は、一気にコメントがついたり、リツイートされたりしますね。

俗にいう「バズる」という状態ですが、ジブリの法則でも似たような現象が起きてると言えます。

 

ジブリの法則では、「ジブリ映画が放映された後に、株価が減少した」という法則が実現した場合のみの情報が広まっています。

ジブリの法則が発動しなかったタイミングの情報は、広まることはほとんどないです。

 

これは、人間が「ギャンブル」にはまっていく流れとまったく同じですね。

競馬やパチンコなどのギャンブルでは、負ける確率の方が高いです。

 

そのため、一部のプロや経験者を除いて、大半のプレイヤーが損をしてしまいます。

このような状況下で、一度でも大勝ちしてしまうと「自分はギャンブルの天才だ」などと思い込んでしまう訳です。

 

勝った経験は鮮明に覚えているのに、負けた瞬間はあまり覚えていないこともあります。

ジブリの法則も同じように、「法則がうまく当てはまった瞬間は鮮明に覚えているけど、外したことはあまり覚えていない」という状況が生まれる可能性があります。

 

今後もジブリの法則は話題になるのか?

ジブリ映画が金曜ロードショーで放映される限り、ジブリの法則はSNS上で話題に上がってくると思います。

SNS上では、「ジブリの法則に合わせて、株を大量購入した」などの情報が回ってくることもありますが、このような投稿は基本、疑ってかかるようにしてください。

 

SNSは匿名性が極めて強いコミュニケーションツールなため、自分の責任を考えずに、適当に嘘をついて投稿する人が大勢います。

これはジブリの法則に限りませんが、ネットの情報は玉石混交です。

 

役に立つ、非常に有用な情報を提供している媒体もあれば、裏をとっていない不確かな情報を使っているところもあります。

新しい情報に出会ったら、まずはその情報が本当に正しいのか、確認するクセをつけてください。

 

まとめ

ジブリの法則は、夜の金曜ロードショーでジブリ映画が放映された翌営業日の株価、外国為替が変動する事象を指します。

ただし、ジブリの法則に科学的な根拠はありません。

 

今のところ、アメリカの雇用統計の発表が、ジブリ映画の放映日とたまたま被っていたがために、株価の下落、円高の進行が進んだとされています。

ジブリの法則のように、科学的な根拠のない法則を過信してはいけません。

 

SNS上のやり取りの中では、ジブリの法則にかけて、大量のお金を日本企業株・外国為替市場に入れ込んだと発表している人もいます。

ただ、このような投資は競馬やパチンコなどのギャンブルと何ら変わりません。

 

とくに、ジブリ映画の放送に先駆けて、FXで高レバレッジをかけて取引を行ったりすると、財産を失いかねない悲惨な結果になることも…。

たまたま、ジブリの法則通りに事が運んだとしても、それを何十回、何百回と再現することは非常に難しいです。

 

ジブリの法則を信じ切って投資を行うことは、基本的にはおすすめできません。

非科学的な法則は、必ず自分自身で検証して、その是非を確かめるようにしましょう。

-初心者

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.