テクニカル分析

初心者必見!ローソク足の見方をマスターして株投資を簡単予想!

初心者必見!ローソク足の見方をマスターして株投資を簡単予想!

株を始めたばかりの方にまず知っていてもらいたいのがローソク足です。

をローソク足とは、株価チャートから株の値動きを分析する際に用いられる、テクニカル分析における最もポピュラーな記号を指します。

 

決められた期間内での値動きの様子をとても精巧に表示しているので、ローソク足の読み方がわかれば今後の値動きがスムーズに予測しやすくなります。

この記事では、ローソク足がどの様な情報を表し、売買の分析にどの様に活用すればよいのかをわかりやすく解説します。

 

ローソク足とは

そもそも「ローソク足」って何?と思う方もいらっしゃるでしょう。

株化チャートの種類の1つで日本では一番ポピュラーなチャート表示です。

 

新聞などをご覧いただくとイメージしやすいのですが、株価の値動きの様子が記号で表示されていて、その形がろうそくの火に似ていることからローソク足と呼ばれています。

ローソク足1本の事を「足」と呼び、1日単位だと「日足(ひあし)」、1週間単位では「週足(しゅうあし)」、1か月単位は「月足(つきあし)」と呼ばれています。

 

日本で考案された表示法で、その精巧さから海外でも「キャンドル・チャート」の名でよく使われています。

 

ローソク足の形を決める4つの値

ローソク足の見方は非常にシンプルです。

チャートの期間中に開始された値段を「始値」(OPEN)、期間中で最も高い値段を「高値」(HIGH)、最も安い値段を「安値」(LOW)、最後についた値段を「終値」(CLOSE)の4本値が時系列で表示されています。

 

特に「終値」は市場で最終的にきまった金額なので重要視されています。

 

陽線と斜線

始値が終値より高いものは「陽線」、始値より終値が安くなると「陰線」と呼ばれます。

必然的に、上場相場では陽線が多くなり、下降相場では陰線が多くなります。

 

わかりやすいように色分けされているので、自分の保有株の価格が上昇したのか下落したのかが一目でチェックできます。

 

実体とヒゲ

ろうそくの絵に例えると、ろうそく本体部分にあたる始値と終値で作られた長方形は「実体」と呼ばれます。

始値と終値が同じ値段だと、この実体はなく、代わりに「寄引同時線」で表示されます。

 

さらに、この実体から高値までの縦線を「上ヒゲ」、実体から安値までの縦線を「下ヒゲ」と呼び、ヒゲが全くない足は「丸坊主」と呼ばれます。

わかりやすいネーミングなので覚えやすいですね。

 

ローソク足の形から見える上昇・下降トレンド

ローソク足の形は古来より世界各国で研究されています。

値動きの予測をする上では決まった法則があり、高値圏、もしくは安値圏で決まったパターンの形の足が出現すると、上昇や下降トレンドの転換シグナルと判断できます。

 

基本的な見方:上昇・下降トレンドにおけるローソク足の形

実際にこれまで説明してきた内容を用いて、どのような形の足が上昇、もしくは下降トレンドに当てはまりやすいかをまとめました。

 

  • 実体が長い陽線→『大陽線』と呼ばれ、強い上昇率を表す
  • 実体が長い陰線→『大陰線』と呼ばれ、下落率が低いことを表す
  • 実体が小さい場合→『コマ足』と呼ばれ、気迷いしていることを表す
  • 実体が無い場合→『寄引同線』と呼ばれ、市場で転機を迎える兆候を表す
  • 上ヒゲが長い場合→上昇力がなくなり反落する可能性が高いことを表す
  • ヒゲが長い場合、下落力がなくなり、反騰する可能性が高いことを表す

 

これを元に、詳しくローソク足の買いシグナル・売りシグナルを見ていきましょう。

 

買いシグナルを表すローソク足の形

買いシグナルのローソク足の形はいくつかのパターンがあります。

特に底値で以下の形が現れた場合は上昇の転換サインと考えて見逃さないようにしましょう。

 

『大陽線』

価格が大きく変動するので買いシグナルと覚えておきましょう。

 

『下影陽線』『下影陰線』

陽線、陰線ともに下ヒゲが実体の3倍以上長い状態で「カラカサ」とも呼び、一度価格は下がったものの最終的には上昇してきた状態を表しています。転換を表しているので買いシグナルです。

 

『トンボ』

実体と上ひげがなく、寄引同線と下ヒゲのみの形です。

始値から一度は下がったものの、最終的に始値まで戻っていることを示しています。

 

『十字線』

上ヒゲ、下ヒゲと寄引同線が丁度十字を描いている状態です。

相場全体が様子を見ている時に、出現する足でこの後に転換点となることが多いです。

 

さらに、何本かのローソク足で形成された買いシグナルとなる形状も合わせて紹介します。

こちらは株価チャート全体を見ての判断となります。

 

『なべ底』

投げ売りが重なり、大底の横ばいが続いている状態で、鍋底に似ていることからこのように呼ばれています。

数か月かけて低迷し続け、市況の好転で株価が反騰するパターンです。

 

75日移動平均線※を超えるなだらかな底入れが確認できたら、なべ底と思って良いでしょう。

※過去75日間の終値の平均値を表した線のこと。この平均値が本来の株価と定義されています。

 

『明けの明星』

底値圏で陰線が出現した翌日に陽線になっていて、始値は前日より低い状態で終値は前日の始値より高い状態で終えた場合。

昔からこの形が出現すると上昇が期待される程、典型的な形です。

 

『三川明けがらす』

カラスの群れに例えていて黒の三兵(陰線が3本並んでいる状態。三羽がらすとも呼ぶ。)が底値に向かい赤の三兵(陽線が3本並んでいる状態)でV字の転換を迎えた状態の形を示します。

出来高※の増加がチェックポイントとなります。

※売買が成立した数をグラフに表したもの

 

『たくり底』

安値圏で下ひげの短い陰線が続いていると転換を表します。

 

『三空叩き込み』

信用銘柄の投げ売りの最終局面に見られるパターン。

買い手が売り手にまわることでさらに投げ売りを呼ぶ成り行きの売り状態となり、下窓※を開ける形を形成します。

 

投げ売りが出尽くした後は短期で買いシグナルに逆転します。

※株価の上昇、もしくは下落の勢いが強い時に起こる現象で、その日の終値とその翌日の始値の差がありすぎると、ローソク足同士の間に空白が生まれます。この空白を、窓と呼びます。

 

『陰の陰はらみ』

実体と下ひげが徐々に短くなっていく陰線が並んでおり、最終的に丸坊主になっていたら、下げ止まりと解釈され、買いシグナルとなります。

 

売りシグナルを表すローソクの形

次に、売りシグナルのローソク足の形について説明します。

売りのタイミングを逃すと、大損することにもなり兼ねないので売りシグナルは頭にいれておきましょう。

 

『大陰線』

実体が長い陰線です。

大陽線とは反対に株価の下落力が強くなっているので売りシグナルなのはおわかりいただけますね。

 

『上陰陽線』『上陰陰線』

下ヒゲはなく、上ひげが長いのが特徴で形が似ていることから『トンカチ』ともいわれています。

一度価格が上がったものの、最終的には下がってしまった状態です。

 

『トウバ』

買いシグナルのトンボを真逆にした形で上ひげと寄引同線のみの形状です。

始値から一度は価格が上がり、最終的にはまた下がってしまった状態です。

 

『十字線』

上ヒゲ、下ヒゲと寄引同時線が十字を描くように交差している形状です。

価格が上昇傾向の時に出現すると、今後下落する可能性があり、注意が必要です。

 

買いシグナルと同様に何本かのローソク足で形成された売りシグナルもあるので、こちらも説明していきます。

 

『三尊天井』

『三尊の別れ』ともいい、株の本などに必ず載っている典型例です。

3つの山が出現した状態を三菩薩に例えています。

 

一度目の山を二度目の山が上回っており、三度目の山が一度目の山より安値であることが特徴です。

 

『三川宵の明星』

上昇局面で陽線が連続で続き、その翌日に上ひげの短い陽・陰線が出現すると天井を示します。

 

『三兵三羽くずれ』

陽線が3本並んだ後に、陰線が3本出現している形で3本目の陽線の実体より1本目の陰線の実体が長い状態。

黒三兵(陰線が3本並んでいる状態)が天井を表しているので売りシグナルとなります。

 

『はらみ』

前日の陽線もしくは陰線より短い実体の陽線もしくは陰線が現れる状態です。

始値は前日より高く終値も前日より安いので力が弱いと判断されます。

 

高値圏で陽線の翌日に陰線のはらみが出現した場合は売りシグナルです。

 

『首つり線』

高い値で窓が空いた後に、陽線のカラカサが出現した状態です。

ここで買うのは絶対に止めましょう。

 

『三空踏み上げ』

価格が上昇して3回連続で窓が空くと、この後下落が予想されます。

 

『陽の陽はらみ』

大陽線の翌日に現れた陽線の実体が短い(はらみ)状態です。

 

まとめ

株やFXを始めるなら、誰もが損をせずに得したいものですよね。

ローソク足を理解すると予測するのが楽しくなってくるはず。

 

気になっている銘柄はどんな状態なのか一度確認してみて下さい。

さらに新たな目ぼしい銘柄を見つけて、売買を快適に楽しみましょう。

 

-テクニカル分析

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.