テクニカル分析

株価チャートはどう見る?チャートを重視すべき理由と具体的なチャートの見方を解説

株価チャートはどう見る?チャートを重視すべき理由と具体的なチャートの見方を解説

株初心者の方に向けて、株価チャートの見方の基本を詳しく解説していきます。

ローソク足や出来高など、知っているようで知らなかった株の基本用語をおさらいしていきましょう。

 

用語を知ることでチャートの見方やトレンドがわかり、売買の成功率アップへと直結させられます。

 

チャートを見ることで株価のトレンドを把握できる

株価チャートは、株価の値動きを一目で判断できるグラフです。

短期間の場合、5分単位や1日単位で値動きを確認することができます。

 

反対に長期間では、1ヶ月や6ヶ月、1年という単位でもチャートを確認することが可能です。

株価チャートは個別の銘柄だけでなく、日経平均株価等にも設置されています。

 

市場全体の相場を確認する際にも、株価チャートはとても役に立つ指標になるのです。

気になる株を見つけても、どのタイミングで株を買うべきなのか判断に迷ってしまいます。

 

先週と比べて大幅に安くなっているからと言って慌てて買うと、そのまま下落を続けてしまう可能性もあるため注意しなければなりません。

そんな時に役立つのが株価チャートです。

 

チャートを見れば、株価が上昇トレンドにあるのか、それとも下降トレンドにあるのかを確認できます。

株の理想は上昇トレンドで買い、下降トレンドに入った直後に売ることです。

 

単純な値動きの数字だけを見ていてはトレンドを把握できませんが、株価チャートを見ればトレンドがわかります。

しかし、上昇トレンドだからと言って、毎日株価が上がり続ける訳ではありません。

 

波のようなチャートを辿るのが株の特徴ですから、上昇トレンドの中でも安いタイミングを見極めることが、利ザヤを稼ぐためのコツになります。

運任せではなく、実力で利益を勝ち取り続けるためには、株価チャートの見方を知っておくことが何よりも大切です。

 

株価チャートの指標

それでは、実際に株価チャートを読み解くためにどんな指標を覚えるべきなのでしょうか。

用語を詳しく解説して、どの様なときが上昇トレンドなのか、または下降トレンドなのかを紹介していきます。

 

ローソク足

ローソク足は、株価チャートを形成する箱のようなマークです。

ローソク足からは、その日の始値と終値、最安値、そして最高値がわかります。

 

ローソク足は、始値と終値の間にできたローソクのような形が「実体」と呼ばれています。

始値よりも終値の方が高い場合、実体は白で表現され、この名称は「陽線」です。

 

反対に始値が終値を下回った場合、実体は黒で表現され、これは「陰線」と呼ばれます。

つまり実態が白ければ始値よりも値上がりし、黒ければ値下がりしたことがわかるのです。

 

ローソク足は、実体の上や下に細い棒が表示されることがあります。

実体の上に出た線は「上ヒゲ」、下に出た線は「下ヒゲ」と呼ばれ区別されています。

 

上ヒゲはその日の最高値を示し、下ヒゲはその日の最安値を示すという基本を覚えておきましょう。

大きな上ヒゲが表れた場合、一度は高値を付けたものの売られ、終値で値下がりしたことがわかります。

 

下ヒゲが大きい場合は、一度値を下げたものの、盛り返して買われた銘柄と判断できます。

ローソク足からの売買のタイミングの見方

基本的には、白い陽線が出現した銘柄は「買い」です。

例えば陽線が3日連続で出現したチャートがあるとしましょう。

 

もしも3日目の寄りで買い注文を出し、大引けで売った場合、利益を確保できることになります。

上昇トレンドにある銘柄には連続して陽線が付きやすいので、2日連続で陽線が出た銘柄には特に注目すべきです。

 

ただし、上ヒゲが大きな陽線には注意しなければなりません。

始値よりは値上がりしたものの、取引中に付けた最高値が天井になり、ズルズルと値が下がったと判断できるためです。

 

下降の流れが続くと、翌営業日には大きな陰線が出てしまう可能性が高まります。

陰線が連続して出ている銘柄は「売り」です。

 

始値よりも安く取引が終わった日が連続していることを示すグラフなので、買い注文は避けなければならないタイミングと言えます。

 

移動平均線

移動平均線は、ローソク足の周囲に表れているカーブを描くような線です。

終値の平均値だけを算出し、グラフ化していることがローソク足との違いになります。

 

日足の目安にするときには5日、25日、75日の移動平均線を見ることが普通です。

反対に長期の株価を見る場合には、13週、26週、52週といった移動平均線を参考にします。

 

短期保有から長期保有まで、トレンドを知るために様々なケースで役立つのが移動平均線です。

 

移動平均線からの売買のタイミングの見方

株価が急激な上昇を見せている最中は、ローソク足が移動平均線を超えるケースが目立ちます。

従って、移動平均線を超える株価が続いている場合は「買い」です。

 

このとき、短期、中期、長期の移動平行線すべての位置を確認しましょう。

3本の移動平行線のすべてが株価よりも下にある場合、より強い上昇トレンドと判断できます。

 

反対に長期の移動平行線などが株価よりも上にある場合、一過的な値上がりで上昇トレンドではない可能性も視野に入れなければなりません。

移動平行線から見る「売り」のタイミングは、株価が移動平均線の下で推移しているときです。

 

この状態では、全体的に見て損をしている投資家が多いため、売り注文が増える傾向にあります。

上昇への転換を見越して購入すると、痛い目を見てしまうかもしれません。

 

ゴールデンクロスとデッドクロス

移動平行線とローソク足からのチャートの見方として強い指標があります。

それがゴールデンクロスとデッドクロスです。

 

ゴールデンクロスとは、短期の移動平行線が長期の移動平行線を追い抜き、上に向かってクロスした状態を指します。

爆発的に買い注文が増えている状況にあるため、値上がりに強く期待できるサインです。

 

反対にデッドクロスは、短期の移動平行線が長期の移動平行線を突き抜け、下に向かってクロスした状態を指します。

売り注文が増えているタイミングですから、デッドクロスは売りサインと判断しましょう。

 

出来高

出来高とは、その日に実際に売買された株の量を示す数字、またはグラフです。

多ければ多いほど注目度が高く、少ない場合は注目度も低いと判断できます。

 

株は活発に取引されなければ安定した値動きが起こりません。

短期間で値動きしやすい銘柄を探したいときには、出来高が多い銘柄を選びましょう。

 

出来高からの売買のタイミングの見方

今まで大きな値動きが無かった低位株が、出来高を伴って値上がりした場合には「買い」です。

こういったケースでは、何らかの好材料が出現し、株を集めている投資家が増えていると推察できます。

 

そのまま上昇トレンドに向かうと判断できるので、買いに適したタイミングです。

反対に、普段から多く取引される銘柄の出来高が急増した場合には「売り」と判断できます。

 

出来高が増え、株価が上昇した場合、以前からのホルダーが一気に売却して利益確定させようと目論む可能性が出るためです。

 

RSI

RSIは特定の銘柄の買われ過ぎと売られ過ぎを判断できる指標です。

RSIは(値上がり幅)÷(値上がり幅+値下がり幅)×100で計算できます。

 

この指標も、0から100の間でグラフ化され、簡単に確認することが可能です。

 

RSIからの売買のタイミングの見方

RSIは0に近ければ近いほど売られ過ぎと考えられるため、「買い」です。

売られ過ぎの株にはいずれ買い注文が集まりやすく、信用取引の買い戻しも見込めるため、値上がりのシグナルと判断できます。

 

反対にRSIが100に近付くほど「売り」と判断しましょう。

買われ過ぎた株はいずれ利益確定の売りが集中するため、値下がりしてしまう可能性が高くなるのです。

 

まとめ

奥が深く、難しそうに見える株価チャートですが、その見方は意外にも簡単です。

「わからない」と敬遠するのではなく、チャートで用いられる指標を知って、その見方を覚えておきましょう。

 

代表的な指標を知るだけでも、売買の成功率は格段に上がるはずです。

 

-テクニカル分析

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.