キャピタルゲイン投資

IPO(新規上場株)とは?儲かりやすい理由や購入方法を解説し、当選確率を上げる裏ワザも公開!

IPO(新規上場株)とは?儲かりやすい理由や購入方法を解説し、当選確率を上げる裏ワザも公開します!

株式投資に慣れていない方でも、高い確率で稼ぐことができる方法として紹介されることが多いのがIPO(新規上場株)です。

IPOとは一体どういったもので、なぜ利益を生み出しやすいと言われているのか、日頃から投資を行っている方でも詳しく理解できていない方は多く見受けられます。

 

そこでこの記事では、IPOについて詳しく解説することに加えて、IPOで利益を出すためのコツについても考察していきます。

 

IPOとは何か

IPOは「Intial Public Offering」を略した言葉であり、日本語に言い換える際には「新規上場株」という言葉が使われています。

当たり前の話ですが、現在上場していない企業が株式市場に新規上場する場合、一般では誰も購入していない株が初めて世間に向けて公開されることになります。

 

こういった誰も手を付けていない株が世に出る場合に使われる言葉が「IPO株」であり、証券口座を持っている人であれば誰でも新規上場株を購入するチャンスがあります。

しかし、IPO株は誰もが必ず購入できる銘柄ではありません。

 

IPO株を購入する場合、希望する取得株数を提示した上で抽選に申し込むことになります。

この抽選で当選すると、株式市場に上場されるよりも前に株を入手でき、一般投資家よりもアドバンテージを得ることができるのです。

 

IPOの魅力はこんなに多い

IPO株における最も大きな魅力となっているのが、IPOによって購入した際の金額と比較して、上場開始後に付く初値のほうが高額になりやすいことです。

仮に1株500円で購入したIPO株の初値が600円だった場合、上場開始と同時に1株100円の利益が生まれ、1,000株を購入していると100,000円の利益になります。

 

既に上場されている株を運用するよりもテクニックが要らず、初心者でも利益を上げやすいことがIPO株を購入するメリットです。

そのため、投資家の中には株の購入をIPO株だけに限定し、IPO株の売買だけを専門的に行いながら利益を出し続けているという方もおられます。

 

また、市場で売買されている株を購入する際には証券会社に手数料を支払わなければなりませんが、IPO株には取得時の手数料がかかりません。

取得する株数によっては数千円、数万円という単位の手数料が徴収されますが、これをゼロにでき、リスクを最小限に止められることも投資家にとってメリットです。

 

IPO株が儲かりやすいというのは本当か

IPO株は、ここ数年間では年間80~90という数の銘柄が登場しますが、非常に高い確率で公募価格以上の初値を付けているというデータがあります。

例えば2018年度のデータを紐解くと、90件のIPO株のうち、初値が公募価格を上回った件数はなんと80件にも及んでいます。

 

2017年に至っては、89件のIPO株のうち、初値が公募価格を上回る結果を残したのは81件で、これを勝率に換算すると90%という驚異的な数字です。

つまりIPO株が儲かりやすいというのは本当で、新規上場株をより深く観察することによって、平均となる数字以上の勝率を叩き出すことも可能になります。

 

IPO株を購入するための方法

IPO株を購入するためには、IPOに対応している証券会社で口座を持ち、抽選に申し込むための準備を進めることが絶対条件になります。

証券会社によってIPOで割り当てられる株数が異なるので、過去の実績を見て、当選確率が高くなりそうな証券会社の口座を持つことを意識すると良いでしょう。

 

IPO株が発表された場合、証券会社の注文画面から抽選に参加できるので、希望する銘柄と株数を決めて申し込みに参加します。

IPO株を購入するためには、申し込みの段階で購入が確定した場合の資金を準備することが求められる場合が多いため、早めに資金を用意しておきましょう。

 

抽選に当選すると、証券会社から連絡が届き、購入の確定を行うことによって、IPO株を入手できるようになります。

証券会社によっては、当選確定後に購入の取り消しを依頼することもできますが、次回以降のIPOへの参加拒絶などのペナルティを受ける可能性もあるため注意が必要です。

 

残念ながら抽選の結果落選してしまったという場合には、申し込みの際に用意した資金がそのまま口座に戻されることになります。

 

IPOに当選しやすくさせるための方法

IPO株は、一つの証券会社から申し込める株数は決まっていますが、複数の証券会社から同一銘柄の抽選に応募することは可能です。

仮にA社が発行するIPOの抽選に応募する場合、A、B、Cと3つの証券会社からA社の抽選に参加することができ、その場合には単純計算で当選確率が3倍に上がります。

 

IPO株を少しでも高い確率で入手するためには、IPOに対応している多くの証券会社で口座を持ち、抽選申し込みの口数を増やしましょう。

また、投資資金に余裕がある場合には、少しでも多くの資金をIPOに投じることをおすすめします。

 

IPOには多くの投資家が参加しますが、公募価格が安い銘柄ほど多くの投資家が注文しやすく、応募数が多くなり当選確率が下がってしまうのです。

購入のために必要な最低資金が500,000円を上回る銘柄には応募が集まりにくくなり、当選確率が上がるという特徴があることを知っておきましょう。

 

IPO株を購入する前に注意しておくべきこと

IPO株に当選すると、高い確率で利益を生み出すことができますが、100%思い通りの初値が付くとは限りません。

初値が公募価格を下回る「公募割れ」が起きる可能性もありますから、IPOだとしても人気が薄そうな銘柄に飛び付くことは避けましょう。

 

具体的には、赤字を計上している企業や、多くの投資家がIPOに参入できる新規公開株数が多すぎる銘柄に関しては購入を避けることをおすすめします。

また、新規上場後の銘柄は激しい値動きを繰り返すことが多く、高い初値を付けたにも関わらず、翌週には急落してしまうということも頻繁に見受けられます。

 

公募価格を上回る初値が付いたからといって安心し、放置していると、いつの間にか赤字になっているという問題も起こりますから、運用には注意が必要です。

 

IPOに向いた証券会社の選び方

IPOには多くの証券会社が様々な役割を持って参加することになりますが、特に重要な役割を果たすのが、IPO株が上場するまでの準備を進める主幹事です。

主幹事の証券会社には、IPO株の配分比率も高くなるため、抽選に用意できる株数が増え、当選する確率が上がります。

 

そのため、IPOに対応する証券会社の中で、特に主幹事として活動した実績が多い証券会社を選ぶことが一番のおすすめです。

また、証券会社が抱えている顧客数には格差があり、同じIPOに対応する証券会社でも、顧客数が2倍以上にまで広がっている場合があります。

 

顧客数が多ければ多いほど、投資家にとって同じIPO株を狙うライバルが増えるので、当選確率が下がってしまうという原理を知っておきましょう。

こういった原理を逆手に取り、開設されている口座数が少ない証券会社からIPOの抽選に申し込めば、ライバルが減って当選確率が上がります。

 

多くの予算を用意できず、どこか1つの証券会社からの抽選に絞り込む必要があるならば、敢えて顧客が少なく人気が薄い証券会社を選んでみましょう。

 

まとめ

IPO株は新規上場株を意味する言葉であり、年間で100件近い銘柄が抽選によって売り出されています。

IPOの魅力は、上場の瞬間に付く初値が公募価格を上回る可能性が高いことであり、IPOだけを狙って株式投資を行っている投資家も存在しているほどです。

 

一定のリスクがあることを念頭に置きながら、当選しやすい証券会社を活用しながらIPOの抽選に申し込み、高確率で利ザヤを生み出しましょう。

 

-キャピタルゲイン投資

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.