株価指数

新しく登場した株価指数!JPX日経インデックス400とは何かわかりやすく解説!

新しく登場した株価指数!JPX日経インデックス400とは何かわかりやすく解説!

日本の株式市場における株価指数には、さまざまな種類があります。

大半の指数は、「株価」「時価総額」といった市場における評価価値を軸に算出されます。

 

この中で、他の指数とは一線を画した指数が存在します。

それは「JPX日経インデックス400」と呼ばれる株価指数です。

 

今回は、このJPX日経インデックス400について、情報をまとめていきます。

 

JPX日経インデックス400とは?

JPX日経インデックス400は、2014年1月6日から算出が始まった指数で、他の日経指数よりも比較的新しい株価指数となっています。

これまでの株価指数は、株価や時価総額といった「市場からの評価」をもとに算出されてきました。

 

そのため、企業業績が赤字の企業でも、指数に組み込まれることが多々あり、「本当に優良な企業が指数から弾かれてしまう」という問題を抱えていました。

加えて、資本効率や利益水準なども、株価指数では考慮されないため、経営者サイドは「株価向上」と「利益率の改善」を結びつけない傾向がありました。

 

本来、企業の収益力と株価指数は結びつけるものです。

稼げる企業が株価指数に入っていないと、本来の市場の様子を表しているとは言えませんよね。

 

そこで開発されたのが、JPX日経インデックス400です。

JPX日経インデックス400では、利益や流動性に加えて、資本効率、ガバナンスの状態も加味して採用銘柄を決定します。

 

JPX日経インデックス400は、東京証券取引と大阪証券取引所の持株会社である日本取引所(JPX)と日本経済新聞社が共同で開発しました。

 

JPX日経インデックス400の銘柄採用の流れ

JPX日経インデックス400は、東証一部・二部、マザーズ、ジャスダックに上場する銘柄を対象として、その中から400銘柄を選定して構成されています。

選定の際は、「上場後3年未満」「債務超過、3年連続の業績赤字、最終赤字」の銘柄は除外されます。

 

残った銘柄のうち、「直近3年間の売買代金」「選定基準日(6月最終営業日)の時価総額」の上位1000銘柄を選定していきます。

さらに、この上位1000銘柄を下記の点から評価付けしていきます。

 

・3年間平均ROE(株主資本利益率)→40%
・3年累積営業利益→40%
・時価総額(選定基準日時点)→20%
・独立社外取締役2人以上
・国際会計基準(IFRS)の採用
・英文資料の開示

 

これらの評価項目で点数が付けられたのち、点数が高い上位400銘柄がJPX日経400に組み込まれます。

JPX日経インデックス400の採用銘柄は、年に一度入れ替えが行われます。

 

毎年8月5営業日に入替銘柄が公表され、8月最終営業日に銘柄入れ替えが実施されます。

ただ、銘柄の入れ替えが頻繁に起こってしまうと、指数自体の安定性が損なわれてしまうので、前年度採用銘柄は、上記の点数が440位以内であれば残留です。

 

JPX日経インデックス400の構成銘柄

JPX日経インデックス400の構成銘柄のうち、代表的な銘柄は以下のとおりです。

日本水産
マルハニチロ
大林組
長谷工コーポレーション
大東建託
積水ハウス
森永製菓
総合警備保障
麒麟ホールディングス
日本マクドナルドホールディングス
味の素
キューピー
双日
日本たばこ産業
東レ
昭和電工
野村総合研究所
塩野義製薬
ヤフー
アルバック
アイシン精機
第一興商
オリンパス
小田急電鉄

 

全市場を対象にはしていますが、結果的に時価総額が大きい企業は東証一部に集中する傾向にあるため、採用銘柄も東証一部が多いですね。

日本マクドナルドのように、東証一部でなくても、時価総額が高い企業であれば採用されています。

 

JPX日経インデックス400の導入効果

JPX日経インデックス400は、これまでの株価指数とは一線を画した指標として導入されました。

導入が開始されてから5年ほどが経過して、知名度も高くなり、株価指数としては運用に成功していると言えますね。

 

JPX日経インデックス400が成功した要因として、以下の3点が挙げられます。

・GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が運用指標として取り入れた
・日銀がJPX日経400に連動するETFを買い入れ対象とした
・日本経済新聞がJPX日経インデックス400に関する報道を積極的に行った

 

GPIFが運用指標として取り上げたのも大きいですが、もっとも影響力が大きかったのが、日銀が連動するETFを買い入れ対象にしたことですね。

公的資金がJPX日経インデックス400に入ることになったので、他の投資家も安心して連動するETFに投資できるようになりました。

 

JPX日経インデックス400の導入により、日本企業が資本効率やガバナンス体制を見直すきっかけにもなりました。

JPX日経インデックス400の知名度が高くなるにつれて、この指標に組み込まれていない企業は「資本効率が悪い」「ガバナンス体制が盤石でない」という評価を受ける可能性があるため、企業側も立て直す姿勢を持ってきたのです。

 

実際、日経平均には採用されていても、JPX日経インデックス400には採用されていない企業がいくつか見られました。

具体例として、金属加工機械の生産で大手のアマダホールディングスが挙げられます。

 

アマダは、自己資本比率(ROE)が低かったがために、JPX日経インデックス400に採用されなかったのです。

この結果を受けて、アマダは2014年5月に発行済みの株式総数の3.5%を上限に、自社株買いを実施しました。

 

そして、配当の大幅増加を公表してROEの改善を図ります。

この施策が功を奏して、2017年8月の組み入れでJPX日経インデックス400への採用を果たしました。

 

アマダの事例は、企業側がJPX日経インデックス400をきっかけに、ROEの改善を図った好例ですね。

JPX日経インデックス400は、後発の株価指数の中では、非常に影響力が強い株価指数と言えます。

 

JPX日経インデックスに連動する投資商品

JPX日経インデックスに連動する投資商品として、以下のものが挙げられます。

iシェアーズJPX日経400 ETF

ダイワ上場投信-JPX日経400レバレッジ・インデックス

ダイワ上場投信-JPX日経400インバース・インデックス

ダイワ上場投信-JPX日経400ダブルインバース・インデックス

JPX日経400ブル2倍上場投信(レバレッジ)

JPX日経400ベア上場投信(インバース)

JPX日経400ベア2倍上場投信(ダブルインバース)

NEXT FUNDS JPX日経400インバース・インデックス連動型上場投信

NEXT FUNDS JPX日経インデックス400連動型上場投信

上場インデックスファンドJPX日経インデックス400

MAXIS JPX日経インデックス400上場投信

ダイワ上場投信-JPX日経400

NZAM上場投信JPX日経400

上記の投資商品は、いずれもJPX日経インデックス400に連動したETFです。

 

各ETFによって、分配金の大小はありますが、基本的には同じ指標のもとで値動きをします。

各ETFの中から、自分の投資スタイルと相性がよさそうなものを選択してみてください。

 

複数のETFに投資して、どれが自分に合っているのか比較するのも1つの手ですよ。

 

まとめ

JPX日経インデックス400は、資本効率やガバナンス面など、今までの株価指数では扱われなかった面を評価対象に加えた指数です。

JPX日経インデックス400の導入をきっかけに、自社の資本効率を見直す企業も出てきています。

 

日本銀行などの公的機関も、JPX日経インデックス400を投資対象として組み入れており、認知度も高くなってきています。

連動するETFのラインナップも豊富なので、投資対象としても魅力的ですね。

 

JPX日経インデックス400を利用して、投資ライフをさらに豊かなものにしていきましょう。

-株価指数

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.