株の始め方

松井証券の特徴は?強みやメリット、評判を解説!

松井証券の特徴は?強みやメリット、評判を解説!

初心者の方でついつい銘柄選びに時間をかけてしまいますが、証券会社もきちんと選んでいる方は以外に少ないです。

証券会社を変えるだけで無駄なコストを抑えることができたり、実は証券会社選びも投資の一つの大事な要素です。

 

口座開設にかかる費用は基本的に無料なので、上級者になると、それぞれの特色を利用して証券会社を使い分けることもあります。

しかし、初心者の方は何を基準に選べば良いのか決めにくいということがあります。

 

そこで、数ある証券会社の中から、今回は松井証券について解説していきます。

ネット証券の中では屈指の老舗証券会社として知られています。

 

松井証券の概要

歴史ある証券会社ですが、創業は1918年に松井房吉が創業し、1931年に株式会社として設立します。

1947年に証券会社として、その後しばらく実店舗を持つ中堅の証券会社として地位を築いてきましたが、1995年に3代目の松井道夫がネット証券に舵を切りました。

 

当然、その当時はまだネットの普及も株式投資の電子化も普及していなかったので、社内での反発もありながら結果として急成長を達成しました。

2001年には、インターネット取引専業の証券会社では初めて東証第1部に上場しました。

 

歴史ある老舗企業ですが、業界初の試みをたくさんしている企業でもあります。

 

松井証券の強み

それでは、実際利用するにあたり、どのような強みがあるのか、見ていきましょう。

 

手数料の安さ

まず初めに手数料の安さがあります。

特に松井証券は1日の約定合計金額が10万円までの場合、手数料が「0円」です。

 

これは非常に魅力的で、特に小額からはじめたい初心者の方にはおすすめです。

なぜ、ここまで手数料が大事なのかを説明しておきます。

 

例えば、今回10万円の投資をして、1万円の利益を得た場合を仮定します。

松井証券を利用していた場合は1万円のまま手元に残り、出金の手数料も0円です(銀行の振り込み手数料は除く)

ここで、手数料が100円(ネット証券の中でも安い方です)の場合、1万円―100円(買手数料)-
100円(売手数料)=9800円となります。

 

ここで、出金の手数料がさらに100円(こちらもネット証券では安い方)かかるとすると最終的に手元には9700円となります。

つまり、証券会社を変えるだけで300円の差が生まれたことになります。

 

ポイントは何もしなくても発生してしまうお金=手数料となります。

これを意識しておかないと無駄な損失が常に発生してしまうことになるので、証券会社選びは非常に大切です。

 

松井証券は10万円までであれば手数料が無料で、それ以上でも基本的に手数料は証券会社の中では安く設定されています。

 

信用取引における決済期限がない

概要のところでも紹介しましたが、松井証券は革新的なサービスにチャレンジする社風があります。

その中の一つに、無期限信用取引があります。

 

信用取引の中には2種類あり、制度信用取引と、一般信用取引があります。

制度信用取引は、返済期間が最長6ヶ月と制限され、品貸料(事前に想定することのできないコストで、買い方が売り方に支払う調達費用)が取引所によって決められている取引です。

 

これにより、含み損が出ている状態でも最長で6ヶ月経過した時点で決済しなければいけないのですが、松井証券はこの返済期間を無期限として設定しました。(例外あり)

さらに、デイトレーダーの方向けに、1日の信用取引は取引手数料0円に設定されており、金利・貸株料も0~2%なので、取引回数がどうしても多くなってしまう方には最適なサービスがあります。

 

利用しやすい取引ツール

短期トレードやデイトレの方向けではありますが、高機能のトレードツール「ネットストック」が使えます。

トレーダーの中には、このツールを使いたいがために、口座開設する人もいるほど、投資の業界では人気のツールです。

 

非常にたくさんのツールを提供していますが、今回は「ネットストック・スマート」、「ネットストック・ハイスピード」を紹介します。

ネットストック・スマートは、比較的初心者でもすぐに使えるように設計されたツールです。

 

チャートを始め、気配値などが表示され、一画面に必要な情報を見ることができるので、タイミングを逃すことなく発注が可能です。

さらに、ツールの中に、気になった企業の情報や決算書、株主優待もリサーチすることができるので、長期的な観点で気になる企業が出てきても常に使えるツールとなっています。

 

ネットストック・ハイスピードは、上級者向けのトレードツールです。

特に秒単位でチャートを見ている方向けに作られたもので、自分の好みに合わせた取引環境をデザインすることも可能です。

 

特に、1クリックで注文が可能なので、自分の売買したい価格帯のタイミングに合わせて発注できます。

さらに、マルチボード(一画面に取引銘柄を複数表示させた状態)で一括管理もできるので、複数のディスプレイも不要で、このツール一つで快適な環境を構築してくれます。

 

手厚いサポート体制

ネット証券では少ないコールセンターのオペレーターのサポートを始め、メールでのサポート、フリーコールのサポートなど、サポート体制が充実しています。

先ほど紹介したツールなどでなかなかうまく使えない場合でも、PC画面を共有しながら教えてくれたりするので、ひとりで操作に困るというような心配もありません。

 

夜間の取引も可能

最近広まりつつあるPTS市場での取引が可能です。

PTSは、東京証券取引所などを経由せずに、私設取引システム(Proprietary Trading System)を経由して取引を行うサービスです。

 

松井証券はJ-market(SBIジャパンネクスト証券株式会社が運営)を利用していて、23:59まで取引ができます(朝は08:20から)。

日中にまとまった時間が取れなくてもリアルタイムでの取引がしたい方に非常にメリットがあります。

 

また、取引所に比べて単位が細かく設定できるので、より自分の理想の価格帯での購入が可能です。

実際に取引かかる手数料も変わらず、先ほど紹介したように10万円までの約定であれば、手数料はかかりません。

 

まとめ

今回は初心者の方にもわかる松井証券の概要と強みを紹介してきました。

老舗企業とは思えない革新的なサービスや、手数料の低さなどたくさんの強みのある企業だったのではないでしょうか。

 

さらに、デイトレーダーや短期トレーダーに人気の高い「ネットストック」ツールなども提供しているので、幅広いニーズにも対応しています。

時間帯を問わないPTS市場での取引に対応している数少ない証券会社でもあるので、まだチャートや企業の分析に日中そこまで時間がかけられないという方も安心して取引ができる環境を提供してくれています。

 

初心者の方でも、開設しておくべき証券会社とも言える松井証券ですので、今回気になった方は開設してみましょう。

-株の始め方

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.