NISA・つみたてNISA

つみたてNISAのメリットとデメリットとは?利用すべきはどんな人?

つみたてNISAのメリットとデメリットとは?利用すべきはどんな人?

2014年にスタートしたNISA(小額投資非課税制度)に続く形で、2018年1月から運用が開始された「つみたてNISA」。

投資信託とETFだけに投資ができることがつみたてNISAの特徴ですが、投資家はこの制度でどのようなメリットを受けることができるのでしょうか。

 

投資家が被ってしまうリスクのあるデメリットも交えながら、つみたてNISAの良い部分と悪い部分に焦点を当てていきます。

 

つみたてNISAのメリット

投資先が限定されていて初心者でも分かりやすい

つみたてNISAにおける最大の特徴は、投資先が投資信託とETFだけに限定されているという点であり、投資できる範囲が限られています。

選択肢が多すぎると、特に投資の初心者は悩み、どこに投資をしていいのか分からなくなってしまいますが、つみたてNISAなら限られた商品から投資先を決めることが可能です。

 

しかも投資先は、金融庁が長期積立に向いているとの判断を下したものだけに限定されているため、信頼性に関しても文句の付け所がありません。

安心して長期投資できる投資信託やETFを求めている方にとって、つみたてNISAの活用から得られるメリットは計り知れないのです。

 

小額で非課税投資ができる

つみたてNISAを活用して毎月積み立てていく金額は、最低100円からと非常に手を出しやすく、小額投資に向いています。

投資の基本は余剰資金の活用になりますが、つみたてNISAなら資金が限られている一般の会社員や主婦の方でも、無理のない金額を用意して参加できることがメリットです。

 

つみたてNISAで取り扱われている商品は、いずれも信託報酬が安く、差し引かれてしまう手数料が少ないという点も魅力になっています。

また、20年間に渡って非課税投資を続けられることも特徴的なポイントで、利益が出ても速やかに税金を差し引かれる心配がありません。

 

積み立ての頻度は自分で選ぶことができる

積み立てに特化している積立NISAですが、その頻度は多くの選択肢の中から自分自身で決めることができます。

毎日や毎週など高頻度な積み立ても可能である一方、毎月、隔月、3ヶ月に一度、半年に一度など、自分に合ったペースで積み立てられることがメリットです。

 

給料日などの余裕があるタイミングで希望した金額を引き落としてもらえるので、計画的に資産運用することができます。

 

売買の機会はプロに任せられ、いつでも換金ができる

投資信託やETFを対象とするため、株の売買におけるタイミングを自分で判断せずに済み、プロに一任することができます。

投資そのものも自動的に積み立てという形で続けていけるため、迷いが生じず、投資のために悩む時間を削減できる点もつみたてNISAのメリットです。

 

しかも、換金したいと思うタイミングが来たら、いつでも好きなときに積み立てを止めて現金化することもできます。

何らかの事情によって現金が必要になったとしても、その時点で換金できるため、先を悩まずに投資できるという点も多くの投資家に支持されています。

 

年齢制限が無く、何歳からでも始めることができる

つみたてNISAとよく似た制度に「iDeCo」がありますが、こちらは60歳までという年齢制限が設けられています。

一方のつみたてNISAには、このような年齢制限が無いので、何歳からでも自由に投資を始めることができるという点もメリットです。

 

仮に60歳からつみたてNISAをスタートさせたとすると、最長で80歳までは非課税の積み立て投資を継続させることができます。

 

つみたてNISAのデメリット

株式などへの投資は原則的にできない

つみたてNISAでは、合計155本の投資信託とETFだけに商品が限定されており、株式などの個別銘柄への投資は原則的にできません。

商品を絞れるという点がつみたてNISAのメリットでもあるのですが、多くの商品から投資信託を選びたいという方にとってはデメリットです。

 

いくらつみたてNISAの精度そのものが気に入っていたとしても、欲しい投資信託が対象外になっている場合には、非課税での積み立てはできません。

 

ほかの商品に乗り換えることができない

一般的な投資の場合、上手くいかない場合には見切りを付けて売却し、その他の商品を買い直して乗り換えることができます。

しかし、つみたてNISAの場合は、非課税投資枠を再利用することができないというルールが設けられているため、乗り換え売買を自由に行うことができません。

 

非課税投資枠は40万円までに定められているため、既に枠をすべて使ってしまっている場合は、翌年まで投資の機会を待たなければならないのです。

 

年間で最大40万円までしか投資できない

つみたてNISAの非課税投資枠として用意されているのは、前述した通り最大で40万円までとなっており、それ以上の非課税投資を行うことはできません。

そもそもNISAは小額投資非課税制度という名前が示す通り「小額」の運用を前提として成り立っている制度です。

 

多額の資金を運用することはできず、40万円の枠をフルに使い続けたとしても、20年間で運用できるのは最大で800万円までになります。

また、この40万円という枠は持ち越すことができず、余らせていたとしても、翌年も40万円以上の投資を一度で行うことはできません。

 

元本割れをする可能性もある

つみたてNISAの対象になっている商品は、金融庁によってえらばれた安定性の高い商品ばかりですが、金融商品であることには変わりありません。

国のお墨付きを受けているからと言って元本が保証される訳ではなく、換金する際に損失を生み出してしまうリスクを伴うことは覚悟しておかなければなりません。

 

銀行預金と比較すれば金利が大幅に高い商品が目立ちますが、ハイリターンなぶん、口座預金よりもリスクが大きくなることも事実です。

 

損益通算の対象外になる

証券会社の口座を他に持っていて、その口座を使って株式投資などを行い、年間で30万円ほどの利益が出たとします。

この場合、別の証券口座で運用している株で20万円の損失が出た場合、損益通算を行うことで利益の合計を10万円に引き算でき、税金対策をすることが可能です。

 

しかしつみたてNISAは損益通算の対象外になってしまうため、仮につみたてNISAで運用している資金がマイナスになっても、他の口座の利益から差し引きができません。

 

所得控除ができない

iDeCoに積み立てたお金は、原則として全額が所得控除の対象になりますから、投資にお金を使うことで税金対策ができます。

しかし、つみたてNISAはiDeCoとは違い、投資に使ったお金を所得控除に回すことができないので、税金対策として制度を活用することはできません。

 

これをつみたてNISAにおける最大の弱点と捉える投資家は少なくないため、iDeCoとの人気を二分する要因の一つになっているとも言い換えられます。

 

まとめ

つみたてNISAは最小100円からの積み立て投資ができるシステムで、商品の数が限られているため、初心者の方でも参入しやすいというメリットがあります。

一方で、特に投資に慣れている人にとっては、損益通算の対象にならないことや、所得控除の対象にできないことがデメリットとして叫ばれることが多い制度です。

 

メリットとデメリットが表裏一体になっている部分も多いという点がつみたてNISAの特徴でもあり、好みや評価が分かれる制度とも言えます。

-NISA・つみたてNISA

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.