株の買い方

株式投資はいくらから始められる?最低投資額について徹底解説!

株式投資はいくらから始められる?最低投資額について徹底解説!

株式投資は予算いくらから始められるかご存知でしょうか?

この記事では株式の最低投資額について解説します。

予算は多くないけれど株式投資を始めたいという方は、ぜひ目を通してみてください。

株は何円から購入できる?

株式投資をはじめる前に重要となってくるのが投資額の設定です。

株式の購入は基本100株単位(※単元株)からの購入が一般的で1株が数十円の銘柄もあれば1万円の銘柄もあります。

 

 

さらに証券会社に払う手数料も加算されるので購入する時の目安として

[株価]×[単元株数(100株)]+[証券会社の手数料]で計算することになります。

 

 

例として株価は320円の銘柄であれば約3万2千円程度あれば購入できます。

1株数十円の銘柄に関しては、運用成績が右肩上がりになれば良いのですが、業績悪化や倒産のリスクがある銘柄の可能性も考えられます。

 

「安いのは何か理由があるのではないか?」疑いの目を持ち、過去の業績や現在の財務内容、今後の見通しを確認してから投資をするかの判断をしましょう。

また、証券会社によっては100株未満(単元未満株)で購入できる「ミニ株」を取り扱っています。少額で投資を希望される方は1度、ミニ株の取り扱いがあるか証券会社に確認してみましょう。

※以前は単元株数が100株であったり1000株であったり銘柄によって違いましたが、2018年10月から単元株数は100株に統一されました。

 

10万円程度あれば多くの東証一部銘柄が購入できる

株価が安ければ魅力的に見えますが、やはり業績が安定している銘柄に投資した方がリスクは少なくなります。

その目安として東証一部銘柄は比較的、業績が安定している銘柄が多いといえます。

 

理由として東証一部上場に昇格するには厳しい基準があり、下記の条件が必要となるからです。

 

  • 株主2,200人以上
  • 時価総額が40億円以上
  • 株式流動性が2万単位以上
  • 最近5年間の有価証券報告書等に虚偽の記載がない

 

これらの基準をクリアしているので、株価も基本的に数千円程度となります。

10万円あれば東証一部上場銘柄全体2,154企業中663の銘柄が購入可能です。(2019年11月現在)

 

ただし、東部一部上場をあえてしない有力な企業も沢山います。

東証一部銘柄といって絶対に倒産をしないわけではありませんので、投資をする銘柄については入念に業績をチェックしておきましょう。

 

株式投資の資金はいくらから始めるのが正解なのか?

投資額が多ければ多いほど、利益が出た時のメリットは大きくなりますが、生活が苦しいのに投資にばかり資金を使っていては意味がありません。

生活費とのバランスをみながら投資額を設定することは非常に重要です。

 

できれば余過剰資金での投資をおすすめします。

投資家の間では投資額は貯金の3割前後がベストと言われています。

 

これはあくまでも目安で、1割でも2割でも自分が負担に思わない額で投資を行うのが理想的です。

急な冠婚葬祭や、備えのことも考えて投資を楽しむようにしましょう。

 

投資の方法で金額は変わる

現物株式投資

現物の場合10万円程度からが目安となります。

10万円以下だと、購入できる銘柄が少なくなり、5万円以下で購入できる東証一部銘柄は約175社と限られます。

 

また、注意しなければならないのは単一銘柄のリスクです。

10万円では分散投資が難しく1社集中になってしまい、下落した際には損失が出てしまいう可能性が高くなることを留意しておきましょう。

 

株式ミニ投資・株式累積投資(るいとう)

単元株の10分の1から購入できる「ミニ株」というものも証券会社によって取り扱いが行われています。

最近では需要が高いため、単元株の1株の単位から株を買うことができるようになりました。

 

また株式累積投資は株式の1銘柄を証券会社で毎月1万円以上1,000円単位の少額から、始められる株のつみたて投資のことです。

同じ銘柄に毎月決まった額を投資できるので時間の分散投資になり、値下がりのリスクを抑えることができます。

 

投資信託

株式投資では1株といいますが、投資信託は、1口と単位の言い方が変わります。

投資信託では1口あたりの単位は1円~1万円と商品によって異なります。

 

さらに購入する時の価格を「基準価格」と呼び、大抵の場合、「1口=1円で、(純資産総額÷総口数)×1万口=基準価格」で表されることが多いです。

(1口=1万円の時は1口当たりの金額で基準価額は表示されます。)

 

投資信託で投資をする場合は1万円とプラス数千円あれば投資が可能となります。

 

初期投資額が大きいほど利益が高い

例えば年利6%の場合、10万円を投資して6,000円を受け取るよりも、100万円を投資して6万円受け取るほうがはるかに利益となります。

ただし、大金を投じているので業績が悪化すると損害も大きくなります。

 

また投資額が大きいと分散投資ができるメリットがありますが、その分管理の手間が増えてしまいます。

このようなリスクを回避したい場合、手数料は発生しますが、投資の専門家に任せるのも手段の1つです。

 

1つの銘柄を全力買いしてはいけない理由

投資を卵に例えて『卵は一つのカゴに盛るな』という言葉があります。

卵を一つのカゴに盛ると、そのカゴを落とした場合には、全部の卵が割れてしまうかもしれない。

 

しかし複数のカゴに分けて卵を盛っておけば、そのうちの一つのカゴを落としカゴの卵が割れて駄目になったとしても、他のカゴの卵は影響を受けずにすむという内容です。

特定の商品だけに投資をするのではなく、複数の商品に投資を行い、リスクを分散させた方がよいという教えからうまれた言葉です。

 

このような言葉があることから、手元に資金があるなら1つの銘柄にまとめて投資するのではなく、いくつかの銘柄に分散投資したほうが大損するリスクは低くなるといえます。

 

少額で投資をしたい場合

手元の投資資金があまりないので少額で投資を始めたい、いきなり大金をつぎ込むのは怖いという方におすすめなのが少額からでも投資が可能なサービスです。

ただし100株の単元未満の購入は、議決権がない、指値での注文ができないなどの制限があります。

 

単元株の10分の1、1株から購入できる「ミニ株」

大手証券会社によって取り扱いや、手数料が異なりますが、ミニ株は単元株の10分の1、もしくは1株単位で投資が行えます。

超大手で株価が高くて投資ができない銘柄もミニ株を使えば少額から購入が可能となります。

 

デメリットとして、ミニ株の発注は翌営業日の始値からになるのでリアルタイムで取引ができない点が挙げられます。

ミニ株で購入する場合、業績が安定している銘柄を選びましょう。

 

Tポイントで1株から株式投資ができる「ネオモバ」

ネオモバはTポイントもしくは現金を使って気軽に投資が行えるサービスです。

単元未満株で株を購入できるため、500円以下で時価総額上位東証1部銘柄の株主になれます。

 

1ヵ月の約定代金合計額が50万円以下の場合、月額220円で取引し放題で毎月Tポイントが付与されるなどの特典があり、節約家の方におすすめのサービスです。

 

H3 資産運用を丸ごとお任せできる「ロボアドバイザー」

ロボアドバイザーはインターネット上でAIが投資家の代わりに資産運用のアドバイスや運用の手伝いをしてくれるサービスです。

このサービスを使用している企業は多く、資産運用の診断・助言を行うもの(投資アドバイス型)と、投資アルゴリズムに基づいた運用・売買までを行うもの(投資一任型)の2種類があります。

 

海外上場投資信託(ETF)や国内投資信託が主な対象になるので、これらの商品に少額投資したい方は投資アドバイス型から使って見ても良いでしょう。

 

買いたい株を調べるには

買いたい銘柄はもう決まっているけど、どこで情報を得たらよいかわからない方におすすめなのが株情報サイトを利用することです。

この他にも新聞、雑誌、会社四季報、会社情報などがありますが、株情報サイトでは企業が業種別や銘柄コード、株主優待の条件などで検索できるようになっていて手っ取り早く、情報を得ることができるので銘柄を比較したい時などに便利です。

 

またトップページなどで付加情報や、銘柄のアクセスランキングやニュースなどもチェックできるので市場全体の流れを知る参考になります。

さらに詳しく専門的に情報を得たい場合は、証券会社からの情報、取引ツールによる分析などが役立つので利用してみても良いでしょう。

 

まとめ

投資を楽しむためには、負担のない範囲で投資額の設定をすることが大事です。

預金でのゼロ金利が続く近年では、資産形成に興味のある人が多く、投資を始める現役世代は着々と増加しています。

 

そのため、少額から投資できる新しいサービスが次々と生み出されています。

ライフプランに合った投資額で利用できるサービスを選んで賢く利益を手に入れましょう。

-株の買い方

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.