テクニカル分析

移動平均線とは?基本的な見方や代表的な売買サインをわかりやすく解説

移動平均線とは?基本的な見方や代表的な売買サインをわかりやすく解説

株価チャートでローソク足とともに表示されることが多い移動平均線は、相場のトレンドや売買タイミングを計るなど幅広く役立つため、ぜひ押さえておきたいテクニカル指標です。

そこで今回は、移動平均線とはどのようなものか、また、基本的な見方や代表的な売買サイン、注意点などについて詳しく解説します。

テクニカル分析の中でも、特に多く活用される基本的な分析手法ですので、ぜひ参考にしてみてください。

移動平均線とは?

移動平均線とは、一定期間の株価の終値平均を線で結んだものです。

その期間中の価格の傾向や流れなどをみることができる指標で、株価の動きを一つの流れとして捉えることから、ローソク足と組み合わせて売買のタイミングを計る際にも活用されています。

なお、ある一定期間とは、日足の場合には5日・25日・75日、週足の場合には13週・26週・52週の移動平均線が使われるのが一般的です。

短期間であるほど直近の動きを反映しやすく、長期間であるほど日々の株価に影響されにくいため緩やかなカーブを描くことになります。

移動平均線の種類は3つ

移動平均線には、もっとも多く使われる単純移動平均線と、加重移動平均線、指数平滑移動平均線の3つの種類があります。

トレードの手法や期間によって使いやすい移動平均線がありますので、それぞれどのような違いがあるのかなどを大まかに知っておくとよいでしょう。

単純移動平均線

単純移動平均線はSMA(Simple Moving Average)とも呼ばれ、一定期間の終値を単純に平均して線で結んだもので、一般的に移動平均線といえば、この単純移動平均線のことを指すと考えてよいでしょう。

加重移動平均線

加重移動平均線はWMA(Weighted Moving Average)とも呼ばれ、単純移動平均線よりも直近の価格に重点を置いた移動平均線です。

たとえば、5日加重動平均線の場合には、5日目の価格を5倍、4日目の価格を4倍、3日目の価格を3倍、2日目の価格を2倍にして計算していますが、その結果、相場の動きに早く反応できるというメリットが生まれるため、多くの場合、単純移動平均線と合わせて使われています。

指数平滑移動平均線

EMA(Exponential Moving Average)とも呼ばれる指数平滑移動平均線は、ほかの2つの移動平均線よりも直近の価格に重点を置いています。

具体的には直近の価格を2倍にして計算したもので、たとえば5日指数平滑移動平均線の場合、5日目の価格を2倍にして合計し、5で割って算出しています。

移動平均線の基本的な見方とは?

移動平均線の見方には2つのポイントがありますが、これを押さえることでトレンドの動きや強弱をつかむことに役立ちます。

では、そのポイントについて確認していきましょう。

移動平均線とローソク足の位置関係

まずは移動平均線とローソク足の位置関係で、この点の注目することでトレンドがわかりやすくなります。

簡単にまとめると、ローソク足が移動平均線より上にある場合には上昇トレンド、ローソク足が移動平均線より下にある場合には下降トレンド、ローソク足が移動平均線に張り付いている場合にはレンジ相場であるということになります。

移動平均線の傾き

上昇トレンドが強い場合には、移動平均線の角度は急な右肩上がりになり、下降トレンドが強い場合には急な右肩下がりになります。

また、方向感のないもみあい局面では横ばいになりますので、これらを見極めることでトレンドの強弱判断が可能になります。

移動平均線で示される代表的な売買サイン

次に、移動平均線で示される代表的な売買サインをご紹介していきましょう。

そもそも移動平均線は、計算の対象となる期間が長いほど変動が緩やかになり、価格の変動に対して反応が鈍くなるという特徴がありますが、この特徴を活用した分析手法として、2本の移動平均線のクロスを使って今後の値動きを予想する方法があります。

もちろん、移動平均線は単独でも大まかな流れなどを判断することができますが、期間の異なる移動平均線を組み合わせることで、相場の転換点を確認することができるのです。

その代表ともいえるのが「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」。

それぞれ、どのようなものか見ていきましょう。

ゴールデンクロス

ゴールデンクロスとは、短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上へクロスすることです。

この場合、長期的な値動きに対して短期的な値動きが強く上昇している場合に出現するもので、直近の価格傾向が上向きに転じたとみられるため買いサインとされています。

デッドクロス

デッドクロスとは、ゴールデンクロスとは逆で、短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下へクロスすることです。

長期的な値動きに対して短期的に強く下落している場合に出現するもので、直近の価格傾向が下向きに転じたとみられるため売りサインとされています。

移動平均線の注意点

最後に、移動平均線の注意点についてお伝えしていきましょう。

まず、移動平均線は、多くの投資家に広く活用されているテクニカル指標ですが、価格の変動に対して反応が遅れるためタイムラグが発生してしまうという弱点があります。

これは、移動平均線の計算方法からもわかることですが、使用する価格が一定期間の過去の終値であり、決して相場に先行したものではないためです。

つまり、移動平均線だけで今後の相場予測は困難ですので、あくまで相場状況を確認するための指標であると理解しておいたほうがよいでしょう。

また、ゴールデンクロスは買いサインのテクニカル指標とお伝えしましたが、決して万能ではありません。

たとえば、ゴールデンクロスが表われた時点で長期の移動平均線が上昇中の場合、その後株価は上昇していく可能性が高いと考えられますが、ゴールデンクロス後に株価が大きく上昇してしまった反動で下降してしまうこともあります。

また、ゴールデンクロスが表われた時点で長期の移動平均線が横ばいの場合、株価が上昇することはほぼ期待できず、その後も同じ状態が続く可能性が高いといえるでしょう。

さらに、ゴールデンクロスが表われた時点で長期の移動平均線が下降中の場合、その後すぐに下降トレンドに入ってしまうこともあります。

このように、ゴールデンクロスは初心者にとってもわかりやすいテクニカル指標ではありますが、必ずしも買いのサインであるとは限りません。

そのため、どのような状況の中でゴールデンクロスが現れたのかを見極めると同時に、できるだけ複数のテクニカル指標を活用して判断をするように意識しておきましょう。

また、サインが出てから様子を見て注文を出すなど、少しだけ様子を見てタイミングをずらすなどの工夫も必要です。

まとめ

今回は、移動平均線とは何か、基本的な見方や代表的な売買サインについてお伝えしました。

多くの投資家に活用されている移動平均線ですが、あくまで過去の終値を元に計算されているものであり、先行して株価の動向をつかむことは難しいことを認識しておきましょう。

また、移動平均線だけで売り買いのサインを判断できるものではありませんので、その他の指標と組み合わせて上手に活用していくことをおすすめします。

-テクニカル分析

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.