日本の株式市場の種類

名証一部とは?概要と代表企業を分かりやすく紹介

名証一部とは?概要と代表企業を分かりやすく紹介

投資を始めたばかりの方の中には、「東証というのは聞いたことがあるけれど、名証ってなに?」「一部と二部ってどう違うの?」という疑問を持っている方も多いでしょう。

本記事では、以下の3つをメインに紹介しています。

 

・名証一部とはなにか?

・名証一部にはどんな企業が上場しているのか?

・名証一部に上場しているとどんなメリットがあるか?

 

名証について正しく押さえて、投資先の選択肢を増やしてみませんか?

 

名古屋でもっとも企業実績が豊富な企業が集まる名証一部

名証とは、名古屋証券取引所のことです。

証券取引所は、株式などの売買が行われる場所であり、上場している株式会社と投資家との間を取り持ち、株式取引を円滑にする役割を担っています。

 

日本には、北から札幌、東京、名古屋、福岡の4カ所の証券取引所があります。

本記事では、この4つの証券取引所のうち、名古屋にある名証について解説していきます。

 

名証に上場している企業の多くは東証にも上場しているため、東証に比べると小規模です。

名証には一部と二部が設置されています。

 

名証一部、二部ともに実績があり、条件を満たした企業でなければ参加できません。

また、名証一部に上場するためには、二部に上場した後、さらに厳しい条件を満たす必要があります。

 

このように、名証一部には、名古屋でもっとも企業業績が豊富な企業が集まっています。

 

名証一部に上場するための条件

名証一部に上場するためには、名証二部と同様に条件があります。

上場審査基準には形式基準と実質基準があり、形式基準を満たした企業が上場申請でき、実質基準で審査されます。

 

形式基準には以下のような条件があります。

①株主数

②流通株式数

③上場時価総額

④純資産

⑤利益または時価総額

⑥事業継続年数

⑦不正

⑧監査

⑨株式事務代行機関の設置

⑩単元株式数

⑪株式の譲渡制限

⑫指定振替機関における取り扱い

 

順に解説していきます。

 

①株主数

株主数2,200人以上

 

名証一部に上場するためには、上場時見込みの株主数が2,200人以上であることが条件になっています。

多くの人が投資して、株主となる価値があると考える企業が名証一部に上場できます。

 

②流通株式数

流通株式数2万単位以上 かつ 流通株式比率35%以上

 

流通している株式数が多く、さらに、上場している株式数のうちの流通している株式数の割合が高いと名証一部に上場できます。

 

③上場時価総額

上場時見込みの時価総額250億以上

 

上場企業において時価総額は以下の式で算出します。

「時価総額=公表上場株式数×株価」

 

つまり、公表している上場株式数が多いほど、また株価が高いほど時価総額は高くなります。

上場時の時価総額は250億円以上になるには株式数だけではなく、ある程度株価が高いことも要求されます。

 

④純資産

上場時見込みの、連結純資産10億円以上 かつ 単体純資産の額が正

 

純資産は以下の式で算出されます。

「純資産=資産総額ー負債総額」

 

ある程度の純資産があることが要求されます。

 

⑤利益または時価総額

最近2年間総額5億円以上 または 時価総額500億円以上

(最近1年間での売上高が100億円以上)

 

ある程度の売り上げがあることが要求されます。

これ以降は名証二部と共通の形式基準となっています。

 

⑥事業継続年数

3年以前から取締役会を設置し、継続的に事業活動をしている

 

⑦不正

最近2年間「虚偽記載」なし 最近2年間監査意見「適正」(最近1年間は無限定適正)

 

一定期間の不正のない状態が要求されます。

無限定適正とは、会計監査において適正であることを意味します。

 

⑧監査

最近2年間の財務諸表および最近1年間の四半期財務諸表等について、上場会社監査事務所の監督または四半期レビューを受けていること

 

財務諸表とは決算時に重要な書類です。

財務諸表が適切であることが求められます。

 

⑨株式事務代行機関の設置

株式事務代行機関に委託しているか、または株式事務代行機関から株式事務を受託する旨の内諾を得ていること

 

株式事務代行機関とは株式を発行した会社に代わって、株主名簿の管理など株式に関する事務を行う機関です。

適切な株式事務が行われていることが求められます。

 

⑩単元株式数

上場時に100株となる見込みがあること

 

単元株とは株式が売買される際の単位です。

100株の場合には、売買できる最低の株式数が100株であり、100株単位で売買を行うことになります。

 

⑪株式の譲渡制限

上場時までに上場申請に係る株式の譲渡につき制限を行わないこととなる見込みのあること

 

株式の譲渡制限は、株式保有者の変化によって、企業の事業活動が円滑に行えなくなることを防ぐためにある制度です。

名証一部、二部に上場するためには、株式の譲渡制限を行わないことが条件になっています。

 

⑫指定振替機関における取り扱い

上場の時までに指定振替機関の振替業における取り扱いの対象となる見込みのあること

 

振替機関の取り扱いの対象となることで、株式取引を公正・効率的に行うことができます。

また実質基準には以下のような基準があります。

 

1.継続性・収益性・安定性のある企業であること

2.経営が健全・公正・忠実であること

3.コーポレートガバナンスが機能していること

4.企業の透明性

5.その他名証が必要と認める事項

 

3.のコーポレートガバナンスがわかりにくいので解説します。

コーポレートガバナンスとは、会社が社長や従業員のものではなく、株主のものという考えです。

 

コーポレートガバナンスが機能していると、社長が会社を私物化することを防ぐことができるなどのメリットがあります。

以上のように、名証一部に上場するには、さまざまな条件・審査が設けられており、名証一部に上場していると信頼を得ることができたり、会社の知名度を上げたりできます。

 

名証一部に上場している代表企業

名証一部の概要がわかったところで、次は代表企業について見ていきましょう。

少しでも多くの企業を知ることで、投資先の候補選びがしやすくなります。

 

建築業

・鹿島建設

国内最大級のゼネコンであるスーパーゼネコンの一つです。

鹿島建設は超高層ビル建築に積極的に取り組んでおり、東京駅八重洲口の再開発や秋葉原開発などを手がけた実績を持っています。

 

・清水建設

国内最大級のゼネコンであるスーパーゼネコンの一つです。

他のスーパーゼネコンと異なるのは、超大型建築の工事よりも中小の案件に力を入れている点です。

 

医療機関や宮大工分野にも積極的に取り組んでいます。

 

・大成建設

国内最大級のゼネコンであるスーパーゼネコンの一つです。

超高層ビルやトンネルなどの大型土木建築に積極的に取り組んでいます。

 

また、ボスポラス海峡海底トンネルのような海外案件にも積極的に取り組んでいます。

 

食料品

・壱番屋

カレーハウスCoCo壱番屋を運営している企業で、現在はハウス食品グループの子会社となっています。

カレーライスチェーンでは日本最大級です。

 

・カゴメ

カゴメは食品や調味料分野などの総合メーカーで、トマト加工分野においては国内最王手となっています。

個人株主を奨励しており、株主のうち99%以上が個人株主です。

 

・キリンホールディングス

麒麟麦酒株式会社を主力とした飲料事業を中心に行っている企業です。

戦後は、1980年代まで日本のビールにおいて最大のシェアを誇っていました。

 

現在、酒類の販売シェアは第1位となっています。

また、海外展開や医療分野にも積極的に取り組んでいます。

 

工業

・トヨタ自動車

トヨタ自動車は大手自動車メーカーであり、トヨタグループの主力企業です。

傘下には、日野自動車やダイハツ工業などがあります。

 

自動車販売台数は世界第3位であり、自動車単独ブランドにおいてトヨタは世界第1位となっています。

レクサスでの高級戦略など多彩な戦略を行っています。

 

・キヤノン

キヤノンはカメラなどの映像機器や半導体装置、プリンタなどの製造を行っています。

Jリーグや劇団四季などの契約スポンサーになっています。

 

1949年に株式上場しましたが、年間を通して赤字であったことはありません。

 

・パナソニック

パナソニックは生活家電やカーナビなどの車載機器、デジタル機器、パソコン関連商品、住宅などの分野を中心とした電機メーカーです。

日本国内では第3位の売り上げとなっています。

 

金融業

・野村ホールディングス

野村ホールディングスはアジア最大手の証券会社であり、ノムラ・ホールディングス・アメリカinc.など世界中に子会社を持っています。

 

・三菱UFJフィナンシャル・グループ

三菱UFJフィナンシャル・グループは三菱UFJ銀行や三菱UFJ信託銀行などで構成され、銀行分野などを手がける総合金融グループです。

国内外で積極的に事業を行っています。

 

まとめ

名証一部に上場するためには一定の条件を満たす必要があり、上場企業には、事業活動の折る程度の大きさ、公正さ、透明さなどが求められます。

名証一部に上場しているということは前述の条件を満たしているため、信頼得ることができたり、知名度を上げたりできます。

 

そのため、名証一部には名古屋でもっとも企業業績が豊富な企業が集まっています。

※参照:名古屋証券取引所HPhttp://www.nse.or.jp/system/listing/criteria.html

-日本の株式市場の種類

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.