日本の株式市場の種類

福証Q-Boardとは?九州が誇る代表企業の新規上場(IPO)に注目!

国内4位の株式市場である福岡証券取引所(福証)には、新興企業向け市場「Q-Board」が開設されています。

「Q-Board」は、九州に本社を置く企業しか上場できないようになっており、発展著しい福岡都市圏から輩出された新興企業のIPOは、福岡証券取引所全体をけん引するイベントとなりつつあります。

 

2019年9月には、企業の基幹システムやクラウド化を推進するIT企業【4447】ピー・ビーシステムズがQ-Boardに新規上場を果たしました。

ここでは、福証Q-Boardの概要や特徴、他の新興市場との違いについて解説したうえで、福証Q-Boardの代表企業についてもご紹介していきます。

 

福証Q-Boardとは?

「Q-Board」とは、福岡証券取引所に開設されている新興企業向けの株式市場です。

Q-Boardが開設されている福岡証券取引所(福証)は、東京証券取引所(東証)、札幌証券取引所(札証)、名古屋証券取引所(名証)に次ぐ国内4位の株式取引所となっています。

 

「国内4位」とはいうものの、これは国内では最下位を意味し、福岡証券取引所は低迷を続けているのが現状です。

福岡証券取引所では、東証との重複上場を取り消すために上場廃止をする企業が増えている一方で、新興企業の新規上場(IPO)案件が取引をけん引しています。

 

福証の新興

市場であるQ-Boardは、低迷する福岡証券取引所を支える役割を担っているのです。

なお、福岡証券取引所の取引時間は、前場が9時00分から11時30分まで、後場が12時30分から15時30分までとなっています。

 

大引け時間が、東京証券取引所よりも30分長くなっている点には注意しておきましょう。

 

福証Q-Boardと札証アンビシャス・名証セントレックスとの違いを解説

福証Q-Boardと同じ地方取引所の新興市場としては、札幌証券取引所のアンビシャス(札証アンビシャス)、名古屋証券取引所のセントレックス(名証セントレックス)があります。

福証Q-Boardと札証アンビシャス、名証セントレックスの違いをまとめると次の表のようになります。

 

福証Q-Board 札証アンビシャス 名証セントレックス
対象企業 九州地方の企業 北海道に関連のある企業 基準なし
上場基準(時価総額) 3億円以上 条件なし 3億円以上
上場銘柄数(※) 5銘柄 9銘柄 12銘柄
代表企業 【4447】ピー・ビーシステムズ 【2928】ライザップグループ 【3808】オウケイウェイヴ
※上場銘柄数は2019年11月時点。

 

福証Q-Boardと他の地方新興市場の違いについて詳しく見ていきましょう。

 

対象企業の違い

福証Q-Boardに上場できる条件は、「九州周辺に本店を有する企業又は九州周辺における事業実績・計画を有する企業」となっており、Q-Boardは九州地方の新興市場という特色を打ち出しています。

札証アンビシャスも「北海道に関連のある企業」であることを上場条件としています。

 

ただ、本社が北海道に置いてある必要はなく、形骸化している条件と指摘されることが多くなっています。

名証セントレックスでは、対象企業の条件はなく、名古屋の企業でなくても全国の企業が上場可能です。

 

上場基準(時価総額)の違い

新興企業が株式市場に上場する際には、一定の時価総額を満たすことが大きな壁として立ちはだかります。

時価総額とは、「発行株式数×株価」で算出されるもので、株式市場での企業価値を示す最も重要な指標です。

 

未上場企業の場合は、推定される株価によって算出されます。

例えば、代表的な新興市場である東証マザーズに上場する場合には時価総額10億円以上、東証ジャスダックに上場する場合には時価総額50億円以上あることが条件となります。

 

地方取引所の上場基準は東証に比べると緩くなっており、福証Q-Boardと名証セントレックスは時価総額3億円以上、札証アンビシャスでは時価総額基準を設けていません。

新興企業の上場のしやすさという点では、時価総額基準がない札証アンビシャスが最も緩いと言えます。

 

上場銘柄数の違い

2019年11月時点の上場銘柄数を見てみると、福証Q-Boardは5銘柄、札証アンビシャス市場は9銘柄、名証セントレックスは12銘柄となっています。

福証Q-Boardは銘柄数において最下位となっていますが、地方取引所はどこも苦戦が続いており五十歩百歩の状態です。

 

なお、東証マザーズの上場銘柄数は302銘柄、東証ジャスダックは711銘柄となっており、地方取引所がいかに苦戦しているかが分かるかと思います。

新興企業が株式上場する目的は、資金調達と上場による知名度上昇の2つが主です。

 

いくら上場基準が緩いとはいっても、取引量・知名度が東証に劣っている地方取引所に上場することは企業にとっても大きなメリットはないのが現状です。

 

代表企業の違い

最後に、各新興市場の代表企業を見ていきましょう。

札証アンビシャスを代表する企業としては、フィットネス事業で知られる【2928】ライザップグループが挙げられます。

 

「結果にコミット」というキャッチフレーズでもお馴染みのライザップグループは、札証セントレックスに単独上場しており、同銘柄の取引だけで札幌証券取引所の取引量の90%以上を占めています。

東証に上場していてもおかしくない大人気銘柄です。

 

名証セントレックスを代表する企業としては、質問サイト「OKウェイブ」を運営する【3808】オウケイウェイヴが挙げられます。

同社は、仮想通貨事業への参入を発表していることから一部の投資家から人気があります。

 

福証Q-Boardには、全国的に名が知られている企業はないというのが実情です。

最も取引量が多い銘柄は、2019年9月に新規上場したIT企業の【4447】ピー・ビーシステムズとなっていますが、全国区とは言えないでしょう。

 

代表企業という観点からすると、福証Q-Boardは、ライザップグループを擁する札証セントレックスには遠く及ばず、名証セントレックスにも及ばないというのが現状です。

 

Q-Boardに単独上場している代表企業

福証Q-Boardに、単独上場している代表企業を抑えておきましょう。

 

クラウドに強いIT企業!【4447】ピー・ビーシステムズ

2019年9月にIPOしたばかりの【4447】ピー・ビーシステムズは、福証Q-Boardで最も人気のある銘柄となっています。

同社は、企業の基幹システムのクラウド化やVRシアター4D王の製造販売を手掛けていることで知られています。

 

同社が手掛けているクラウドサービスは世界中の投資家が注目するITテーマとなっているため、今後の株価動向にも注目です。

 

IT人材提供サービス!【3824】メディアファイブ

同じくIT企業の【3824】メディアファイブも、Q-Boardで期待の銘柄です。

同社は、ITエンジニアの人材提供やソフトウェアの受託開発を手掛けるIT企業です。

 

IT人材は、人手不足が叫ばれる中でも、とくにに不足が懸念されています。

IT人材サービスを手掛ける同社は、マーケットで注目の政策テーマ株となっている働き方改革関連銘柄としても期待です。

 

まとめ

本記事では、福証Q-Boardの特徴や概要、札証アンビシャス・名証セントレックスとの違いについて解説し、代表企業についてご紹介してきました。

福証Q-Boardの代表企業としては、クラウドサービスを手掛ける【4447】ピー・ビーシステムズと、IT人材サービスを手掛ける【3824】メディアファイブが挙げられます。

 

いずれも新興IT企業ですが、特に、2019年9月にIPO(新規上場)したばかりのピー・ビーシステムズは活発に取引されている人気銘柄となっています。

今後も、発展著しい福岡都市圏から、有望な新興IT企業がQ-Boardに新規上場することを期待しておきましょう。

-日本の株式市場の種類

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.