投信基礎知識

基準価額とは何か?投資信託で最重要とも言える指標について徹底解説

基準価額とは何か?投資信託で最重要とも言える指標について徹底解説

投資信託に関連する用語として頻繁に登場する「基準価額」という言葉ですが、これにはどんな意味が含まれているのでしょうか。

特に投資先を検討する際には基準価額の大小を見比べることが求められますから、どんな基準価額の投資信託を選べば得をしやすいか知っておくことが重要です。

 

この記事では基準価額の計算方法をはじめ、基準価額が上下する仕組みや注意点などについても触れ、分かりやすく解説していきます。

 

基準価額って何?基本情報の解説

まず基準価額とは何なのかという点についてですが、これは投資信託を購入する際に支払う値段であり、株式投資における株価と同じように考えれば問題ありません。

投資信託の基準価額は1口単位の価格が表示されることが多いのですが、1万口単位で表示されることもあるため、取引単位についてはしっかりと確認することが必要です。

 

株価との違いとしては、リアルタイムで価格が反映されないという点になります。

株価は場中の需要に応じて上下動しますが、投資信託の基準価額は一日あたり一回だけ算出されるという特徴を持っています。

 

基準価額はこうやって計算される

基準価額の計算方法は以下の通りです。

 

【純資産総額÷総口数=基準価額】

純資産総額という聞き慣れない言葉が出てきますが、これは投資信託が持っている銘柄の時価評価額に加えて、利息と配当金、信託報酬を差し引きした金額です。

 

例えば投資信託が持つ資産そのものの評価額が1億円で、利息・配当金の収入が300万円、信託報酬が30万円なら、純資産総額は1億270万円になります。

計算例として出した投資信託が販売する総口数が1万口とする場合、基準価額は10,290円という計算が成り立つことになるのです。

 

基準価額が更新されるタイミング

投資信託は国内への投資だけを扱うものから、海外の投資だけを扱うものもあるため、基準価額が更新されるタイミングは商品によって全く異なります。

仮に国内の投資を専門的に扱う商品の場合、東証が閉じた15時から計算が行われるため、当日18~24時前後の間に基準価額が更新されることが多くなるのです。

 

一方で投資対象を海外にしている投資信託の場合、扱っている市場が閉まらなければ基準価額の更新ができないので、各株式市場等が閉まる時間によって更新時刻は変わります。

 

基準価額を知るためには

基準価額は、投資先のファンドにおいて計算が完了次第公表されるので、ホームページを閲覧することで最も早く知ることができます。

新聞などにも基準価額が掲示されますが、朝刊に記されている数字は前営業日のものとなるため、最新の情報ではありません。

 

購入後の投資信託の値動きを確認したい場合にはホームページを、どの投資信託を選ぶか比較したい場合には情報サイトや新聞を見れば基準価格が分かります。

 

基準価額が変動する理由

基準価額の計算式を見れば察しが付きますが、基準価額が変動する最大の理由となっているのが運用によって損益が発生した場合になります。

もしもファンドが保有している株式や債券の資産価値が上がれば、純資産総額が上がることになりますから、自ずと基準価額も引き上がっていきます。

 

反対に保有している銘柄や債券の資産価値が下がってしまうと、純資産総額も連動して下がるので、基準価額が低下するということになるのです。

 

分配金や運用費の支払いでも変動する

投資信託の多くが投資家に対して分配金の配布を行っており、これはそれぞれのファンドが持つ財産の中から支出という形で賄われます。

つまり、分配金を支払ったタイミングでファンドが持つ純資産総額は低下することになるため、自然と基準価額も引き下がるということになるのです。

 

したがって、ファンドが分配を行う決算期には純資産総額が自動的に下がり、基準価額が安くなるという特徴があることに着目しておきましょう。

分配金の支払い方法に関してはファンドによって考え方が変わるため、毎月分配が行われることもあれば、年に一度だけ分配をまとめて行われることもあります。

 

同じように、ファンドが運用費用として支払う信託報酬なども純資産総額から差し引かれるため、運用費が上がると基準価額が下がります。

 

何が原因で基準価額が変動したのか知ることが重要

基準価額は毎日変動していきますから、通常の株価と同じようにチャート的な上下動が繰り返されています。

そのため、投資信託を行う場合には、そのファンドが基準価額を変動させている理由について知っておくことが投資を成功させるために重要なポイントです。

 

例えば分配金の支払いが多くなったことが原因で基準価額が下がった場合には、運用の状況は健全な状態であると判断できるでしょう。

反対に分配金を支払っていないにも関わらず基準価額が下がっているというケースでは、ファンドが運用している銘柄のパフォーマンスが優れない可能性があります。

 

こういった情報を確認するために使えるのが、ファンドが公表している月次レポートの確認です。

ここには基準価額の騰落額や分配金の支出、キャピタルゲインやインカムゲインの損益、運用費の支出額などが記されています。

 

これを基にして前月や前々月と運用実績を比較することによって、ファンドの経営状況を理解しやすくなり、リターンに期待できる投資先を見つけやすくなります。

 

優れた投資信託を見つけるための極意

運用実績に優れた投資信託を見つけるためには、純資産総額そのものを比較対象として確認すると分かりやすく、特に初心者の方にはこの方法を用いた比較がおすすめできます。

一般論として、純資産総額が多ければ多いほど運用資金が大きいということになりますから、投資家からの資金が集まっている人気のファンドであることが分かります。

 

純資産総額をチャートで確認することによって、これまでにファンドが用いてきた純資産総額の推移を理解できることもポイントです。

年々純資産総額が上がっているファンドは特に順調に資産を運用できている可能性が高く、投資家からの人気が高まり続けている信頼性の高いファンドと考えられます。

 

騰落率も重要な指標になる

もう一つ、ファンドの運用実績を図る上で重要な指標になる存在として挙げられるのが「騰落率」です。

これは基準価額の変動をパーセンテージによって置き換えたものであり、基準価額が上がったらプラスに、下がったらマイナスに表示されます。

 

これを見ることによって、過去3ヶ月の騰落率はプラスなのかマイナスなのか、過去3年間をトータルして騰落率がプラスかマイナスかなどの情報をキャッチできます。

騰落率を参考にしながら、マイナスになっている期間を見つけて、何が原因で純資産総額を下げたのかを確認し、投資対象に値するかどうかをチェックしても良いでしょう。

 

まとめ

基準価額は、ファンドが持つ純資産総額を口数によって割り出した数値であり、株価とは違って一日に一回だけ算出され、ファンドのホームページ等で公表されています。

基準価額は純資産総額に応じて変動するため、運用する銘柄や債券の価値が上がれば高くなり、価値が下がったり、分配金を支払ったりすると基準価額が下がります。

 

基準価額の変動はファンドの信頼性を見極める上で大切な要素になりますから、騰落率などのデータも確認しながら、投資先を選ぶ際の根拠として活用すると良いでしょう。

-投信基礎知識

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.