株の買い方

るいとう(株式累積投資)とは?一般型との違いやメリット・デメリットを紹介

るいとう(株式累積投資)とは?一般型との違いやメリット・デメリットを紹介

株式投資の方法の一つに、金額を指定して毎月積み立てていく方式で投資を行う、るいとう(株式累積投資)というものがあります。

今回は、「るいとう(株式累積投資)」とはどういったものであり、実際に利用する際のポイントとどういった銘柄を買い付けるのに向いているのかついて解説していきたいと思います。

 

るいとう(株式累積投資)とは

「るいとう」とは、株式累積投資の略称になります。

株式を株数で買うのではなく、金額指定で毎月定期的に積み立てていく投資手法です。

 

るいとう(株式累積投資)は1万円以上1,000円単位から利用することができ、最初に毎月決まった日にいくらずつ積み立てていくのかを設定します。

これにより、少額から株式に投資することが可能となるのです。

保有株数については、1株未満の小数点以下から保有することができ、定期的な買い付けにより単元株となれば総合口座に移すことが可能となります。

また、売却に関してはいつでも申込することが可能ですが、即日売却されるわけではなく、翌営業日の始値での売却となりますので、そのタイミグは慎重に検討する必要があります。

 

るいとう(株式累積投資)のメリット

①小額から投資可能

前述にあるように、るいとう(株式累積投資)は株数指定ではなく金額指定で対象銘柄を買いに行きますので、比較的簡単に始めることができます。

投資したい株があるが値がさ株(値嵩株:1単元当たりの株価の水準が高い銘柄)であるためなかなか買うことができなくても、このサービスを利用することで自分の投資可能金額の範囲内で保有することができるのです。

 

②分散投資でリスク管理ができる

ある銘柄に大口で投資してしまいますと、相場環境が悪化した場合想定以上の損失となってしまう可能性があります。

このような状況を回避するためにも分散投資は非常に重要であり、自分のリスク許容度に応じたポートフォリオを構成することが必要となります。

 

そういった意味では、るいとう(株式累積投資)では小額で株式投資が可能であり、複数銘柄に投資することが容易にできますので、リスクコントロールがしやすいというメリットがあります。

 

③ドル・コスト平均法を用いリスク管理ができる

ドル・コスト平均法とは、投資対象銘柄を毎月決まった日に一定金額ずつ買う手法のことをいいます。

るいとう(株式累積投資)はこの手法を用いており、株価が安い時だけでなく高い時にも買い付けることで、相対的に取得単価は平均化させることができ、高値掴みとなるリスクを低減させることができるのです。

 

るいとう(株式累積投資)のデメリット

①運用成果が出るのに時間がかかる

るいとう(株式累積投資)は、少額からの投資を長期間継続していく手法になりますので、短期的に利益を大きく出すことはできません。

短期売買をメインに考えている投資家には向いていないといえます。

 

②高値で銘柄を買い付けてしまう場合がある

前述にあるように、るいとう(株式累積投資)はドル・コスト平均法による運用であるため、自分で好きなタイミングで買い付けを行うことができません。

安値だけでなく高値で買い付けてします可能性がありますので、場合によっては予想以上の高値となるケースもありますので注意が必要です。

 

③コストがネット証券と比べ高い

るいとう(株式累積投資)は、ネット証券での取り扱いがなく、大手証券会社との店頭取引となりますので、手数料がネット証券みたいに安いわけではありません。

また、るいとう(株式累積投資)口座管理費用が別途かかりますので、取り扱い証券会社の手数料を確認しておきましょう。

 

④全ての銘柄が買えるわけではない

るいとう(株式累積投資)は、金額指定で株式を買いに行く手法であり、イメージとしては複数人の投資家を募り、みんなでお金を出し合って銘柄を買いに行くのです。

そのため、あまりにも需要がない銘柄は買いたい人を募ることが難しいので、るいとう(株式累積投資)で買い付けできない場合があるのです。

 

買い付け可能銘柄は証券会社ごとに異なりますので、事前に取り扱い銘柄を確認しておきましょう。

 

単元未満株との違い

単元未満株とは、単元株未満の株数のことであり、一般的に株式分割や無料増資、TOB等の株式割り当てなどの特殊要因で保有することになる場合がほとんどです。

この単元未満株を売買する場合は、1株単位で資金が必要となるため、銘柄によってはある程度のまとまった金額が必要となりますが、るいとう(株式累積投資)は金額指定で自分の好きな金額で買い付けることができますので、より自由度が高いといえます。

 

また、端株を売買する際は、自分で売買のタイミングを考えなければいけませんので、ある程度の金融知識が必要となりますが、るいとう(株式累積投資)は定期的に自動で買い付けていきますので、金融知識のない初心者の方にもおススメです。

 

どういった銘柄を買いに行けばいいのか

るいとう(株式累積投資)には買い付け上限があり、このサービスを利用する方は小額・長期投資を検討している方がほとんどです。

また、前述にあるように、るいとう(株式累積投資)は小額投資であるためなかなか利益を出すことが難しいので、値上がりを追求するのではなく、株主優待や配当金を重視して銘柄選別をしていった方がいいでしょう。

 

特に注目すべきは、株主優待に期間の制限を設けている銘柄です。

ある株の優待には、1年や3年以上保有していると株主優待をもらえたり、優待の内容がグレードアップしたりするものがあります。

 

しかし、そんなに長期間優待銘柄を保有すると資金の回転率が低下してしまい、途中株価が上下した際に売りそびれてしまう可能性が出てくるのです。

そこで重要となってくるのが、この期間の条件をクリアするには株主名簿に自分の株主番号が一定期間記載されていればいいということです。

 

つまり、1株でも保有し続ければこの条件をクリアすることができるのです。

るいとう(株式累積投資)では、金額指定で小額から投資することができますので、この期間の条件を段階的にクリアしていく戦略が有効であるといえます。

 

また、このような銘柄に投資すれば成長株に投資した場合のリスクと比較しても大損する可能性は低くなり、ドル・コスト平均法で定期的に銘柄を買い付けることで時間分散をすることができることから、株の上下の値動きに惑わされることなく平均取得単価を取っていくことができるのです。

 

成長株に投資し、値上がり益を追求してもいいかもしれませんが、このような銘柄への投資も積極的に検討するようにしましょう。

 

まとめ

るいとう(株式累積投資)は金額指定で自分の好きな金額から株式を買うことができ、ドル・コスト平均法により時間分散をしますので、リスクはかなり低めに設定されています。

このことから、投資初心者におススメの投資手法であり、優待銘柄での運用を検討している方にとってもありがたい制度であるといえます。

 

しかし、なかなか馴染みのない投資法であることから利用する投資家は限られていますが、そのメリットを正確に把握し、適切なタイミングでの利用法を身に付ければ投資戦略の幅は広がりますので、ポイントを踏まえたうえで自分の投資スタンスに合っているのかどうか判断するようにしましょう。

-株の買い方

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.