テクニカル分析

酒田五法とは?基本のパターンや買いサイン・売りサインを詳しく解説

酒田五法とは?基本のパターンや買いサイン・売りサインを詳しく解説

ローソク足分析として有名な酒田五法は、株の売買タイミングを判断するための相場分析手法ですが、江戸時代に誕生したにもかかわらず、現代でも多くの投資家に活用されています。

そこで今回は、酒田五法の基本的なチャートのパターンや活用する際のポイントについて解説します。

 

酒田五法とは?

酒田五法は、江戸時代に山形県酒田市周辺の大地主であった本間宗久(ほんまそうきゅう)によって考案された相場分析方法で、彼自身、この酒田五法により当時の米相場で莫大な利益を生み出したと言われています。

そして、「三山(さんざん)」「三川(さんせん)」「三空(さんくう)」「三兵(さんぺい)」「三法(さんぽう)」という5つのチャートのパターンから構成されており、誕生から長い年月を経過した現代においても、相場分析の基本として活用されているものです。

 

それでは、5つの相場分析について詳しく見ていきましょう。

 

三山

三山とは、相場の天井を見極めるパターン分析で、3回超えられなかった高値はもう超えられないとする考えに基づくものです。

典型的なパターンとして、「赤三山」「三尊天井」「三段上げ」の3つがあります。

 

赤三山

株価の動きをローソク足で表す際、始値に比べて終値が高かった場合に表示される白い線を陽線といいますが、3本の連続陽線の中央にある陽線が他の2本よりも上離れているものは赤三山と呼ばれ、トレンド反転のサインとして活用されています。

 

三尊天井

3つの山を結んだ線を天井といいますが、この天井近くの3つの山のうち、中央の山が一番高くなっているパターンを三尊天井といいます。

これは、中央の大きな釈迦の左右に菩薩が配置された形状が「三尊像」のようであることから名づけられましたが、欧米では、中央の山を頭に、両脇の山を肩にたとえて「ヘッド・アンド・ショルダーズ」とも呼ばれ、天井形成の典型的なパターンです。

 

そして、2つの谷の安値を下抜けたところが売りポイントとされ、下降トレンドに入って行く可能性が高いとされています。

 

三段上げ

三段上げとは、一定期間の上げ下げの中で、大きな値上がりを見せて天井を打つこと、または天井を打ったと判断できるほどに大きく値上がった状態のことで、トレンド転換のサインとして活用されます。

 

三川

三川は、三山の逆なので逆三山とも呼ばれ、相場の底を見極めるパターン分析です。

3回超えられなかった安値はもう超えられないだろうとする考えに基づくもので、典型的なパターンとして「三川明けの明星」「三川宵の明星」「三川上放れ二羽鳥」があります。

 

三川明けの明星

株価の動きをローソク足で表す際、始値に比べて終値が安かった場合に表示される黒い線を陰線といいます。

三川明けの明星とは、陰線の後に窓をあけたコマ、そして最後が陽線という組み合わせのことで、これ以降は上昇局面に転換していくサインとして活用されています。

 

三川宵の明星(さんせんよいのみょうじょう)

三川宵の明星とは、陽線の後に窓をあけたコマ、そして最後に陰線という組み合わせのことで、三川明けの明星とは逆の状態を示すものです。

つまり上値抵抗感が強く、強い売りのシグナルとして活用されています。

 

三川上放れ二羽鳥(さんせんうわばなれにわがらす)

ローソク足で、特に陽線の幅の長いものを大陽線(だいようせん)といいますが、この大陽線が生まれた後に陰線となり、さらに次の線も上離れて始まるものの2本目の線の安値以下で終わるものを「三川上放れ二羽烏」といいます。

これも典型的な売りのサインとして活用されています。

 

三空

三空とは、線と線の間にできる窓が3つ続いた状態のことで、相場が行き過ぎているため終わりが近いことを指すサインとして活用されます。

 

 

三空踏み上げ

上昇相場の途中で4本の陽線と3つの上方向の窓が連続するパターンを三空踏み上げといい、上昇相場の天井が近いことを示しています。これは、強い売りのサインです。

 

三空叩き込み

下落相場の途中で4本の陰線と3つの下方向の空が連続するパターンを三空叩き込みといい、この場合、底が近いため買い場となる可能性が高いとされています。

 

三兵

三兵とは、連続する3本の陽線または陰線のことで、順張りの売りのパターンで活用します。

 

赤三兵(あかさんぺい)

陽線が3本連続したものを赤三兵といい、上昇傾向の初期段階のサインとされていますが、上昇相場においての赤三兵は天井が近い可能性も考えられるため注意が必要です。

また、赤三兵であったとしても、2本目と3本目に長い上ヒゲが付いている場合、買いパターンが失敗するかもしれないというサインとなり、これを「赤三兵先詰まり(あかさんぺいのさきづまり)」といいます。

 

さらに、赤三兵であっても3本目の陽線が短い十字架のような線になっている場合には買いの勢いが衰えていることを示しており、下落相場であったとしても注意しなければならず、これを赤三兵思案星といいます。

 

三羽鳥(さんばがらす)

三羽烏とは、まさに江戸時代らしいネーミングですが、陰線が3本連続した形のことで「黒三兵」とも呼ばれ、下落相場への転換を示す強いサインとして活用されます。

この中でも、3本の陰線すべてに下影がないものを坊主三羽といい、通常の三羽烏よりもさらに大きく下落する可能性が高いものです。

 

また、3本の陰線のうち1本目のローソク足の終値と2本目のローソク足の始値、2本目のローソク足の終値と3本目のローソク足の始値が同じ状態のことを同時三羽といい、坊主三羽と同様に強い下落傾向を示すサインとされています。

 

三法

三法とは、相場が動かない間は取引を休み、相場が動き出したら動いた方向に取引を始めるという分析です。

この三法は、酒田五法の中でも特に解釈が難しい部分とされていますが、相場がパワーを溜めている間は休んで待つのがよいと理解しておけばよいでしょう。

 

そして、三法には上げ三法と下げ三法があります。

上げ三法とは、3本続いた陰線を超える大きな陽線が出現すると上昇相場に向かうというもので、逆に3本続いた陽線を超える大きな陰線が出現すると下落相場が向かうというものが下げ三法です。

 

つまり、上げ三法では買いで仕掛けるというパターン、下げ三法では売りで仕掛けるというパターンになります。

 

酒田五法を活用するためのポイント

最後に、酒田五法を活用するためのポイントについてお伝えしていきましょう。

まず、時間足に注意することです。

 

時間足とは1本のローソク足を何分で描くのかということを表したもので、10分足や1時間足、8時間足、1日足などがあり、相場分析を行う際にどの時間足にするか悩む方も多いようですが、基本的に酒田五法はどの時間足でも使うことができます。

しかし酒田五法は、より長い時間足で使ったほうが高精度になるとされています。

 

これは、酒田五法の誕生が江戸時代であることから、当時の相場は短い時間足で見ることができなかったという背景によるものです。

そこで、酒田五法を最大限に活用するためには、少なくとも4時間足、できれば日足や週足を用いて使うように意識してみてください。

 

まとめ

今回は、江戸時代に考案され、現在でも相場分析手法として活用されている酒田五法についてお伝えしました。

基本となる相場分析の方法は、三山・三川・三空・三兵・三法の5つですが、上昇相場での動きか、下落相場での動きかによって受け取るべきサインは異なります。しっかり見極めて価値を手に入れられるよう、ぜひ参考にしてみてください。

 

-テクニカル分析

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.