証券アナリスト

証券分析のプロ!証券アナリストの仕事内容・年収事情をご紹介。

証券分析のプロ!証券アナリストの仕事内容・年収事情をご紹介。

証券投資の世界では「証券アナリスト」と呼ばれる人たちが日々の市場分析を行っています。

ただ、証券アナリストが具体的にどんな仕事をして稼いでいるのか、知っている人は少ないかもしれません。

 

今回は、証券アナリストの人たちがどんな仕事をしているのか、詳細に解説していきます。

 

証券アナリストとは?

証券アナリストは、証券投資の分野で、専門知識と分析技術を駆使して投資助言や投資管理サービスを提供するプロフェッショナルです。

ビジネス情報番組などで、市場動向を詳細に分析している専門家が登壇していることがありますが、彼らの大半は証券アナリストです。

 

証券アナリストの仕事内容

証券アナリストの仕事内容は、基本的に「証券分析」となります。

ただ、所属する団体、企業によって証券アナリストの役割が微妙に異なってきます。

 

証券会社や資産運用会社には、個別証券の分析、評価を行う「リサーチ・アナリスト」と呼ばれる人たちがいます。

リサーチ・アナリストは狭義の証券アナリストともいえます。

 

いわゆる、世間でイメージされている証券アナリストですね。

リサーチ・アナリストは、顧客に対して有用な証券情報を提供できるよう、日々分析を行っています。

 

これに対して、銀行、保険会社などの機関投資家の中には、投資目的に応じた証券を組み合わせて運用を行うために、ポートフォリオを形成する人もいます。

このポートフォリオの形成、資産運用に携わるアナリストを「ポートフォリオ・マネージャー(ファンド・マネージャー)と呼びます。

 

ポートフォリオ・マネージャーは、運用する投資信託などの投資書品が、しっかりパフォーマンスを出せるよう、投資理論や統計学を駆使してポートフォリオを組んでいきます。

証券アナリストの仕事は、リサーチ・アナリストにせよポートフォリオ・マネージャーにせよ「高度な専門知識をもった専門家」という位置づけになります。

 

証券投資分析の、プロフェッショナルというべき存在ですね。

 

証券アナリストになるためには?

証券アナリストになるためには、日本証券アナリスト協会が提供している「通信講座」の受講と「試験合格」が必要です。

日本証券アナリスト協会では、資格名を「CMA(Certified Member Analyst of the Securities Analysts Association of Japan)」と呼んでいます。

 

CMA取得までの流れは以下の通りです。

第一次レベル → 第二次レベル → 実務経験3年 →取得

 

通信講座+試験 合格 通信講座+試験 合格

第一次レベルの講座では、証券投資分析業務に必要な基礎的部分の知識、分析力を蓄えることを目的としています。

 

「証券分析とポートフォリオ・マネジメント」「財務分析」「経済」の3科目で構成されており、これらの3科目の講座を受講した後に、試験に合格すると第二次レベルに進めます。

第二次レベルの講座では、第一次レベルの内容を踏まえて、更に上級内容を学習していきます。

 

「証券分析とポートフォリオ・マネジメント」「コポーレート・ファイナンスと企業分析」「市場と経済の分析」「職業倫理・行為基準」の4科目から構成されています。

第一次レベル講座では、基本知識の習得が求められますが、第二次レベル講座では、応用力や想像力を身に着けることが期待されています。

 

加えて、第二次レベルの試験では、論述形式の問題が出題され、応用力、分析力、判断力が問われてきます。

如何に論理的に、整合的に解答を作成できるかが採点のポイントとなってきますね。

 

第二次レベル試験合格後、3年間の実務経験を経て、晴れてCMAの資格を得ることができます。

第二次レベル試験合格後、実務経験を積むまでの間は「検定会員補」として日本証券アナリスト協会に登録することができます。

 

検定会員補になることで、以下のメリットが得られます。

・機関紙「証券アナリストジャーナル」の毎月送付
・証券アナリストジャーナルの論文ダウンロード(無料)
・IRミーティング、工場・研究所見学会への参加(無料)
・講演会、セミナーへの参加(割引価格)
・日本証券アナリスト大会への参加(無料)
・講演会、セミナーの要旨閲覧(無料)
・講演会、セミナー等の動画配信閲覧(割引価格)
・プライベートバンカー(PB)資格試験の受験料割引
・あっせん図書の購入(割引価格)
・継続学習のクレジット登録が可能

 

また、検定会員補に登録すると「検定会員補者登録証」が交付されます。

名刺に商号の記載が可能になり、自身の証券分析のスキルを提示することができます。

 

顧客の信頼や社内での評価アップに役立てることができ、非常に有用な制度となっています。

 

証券アナリストの年収はどのくらい?

証券アナリストの年収は、所属先の企業規模、日系企業が外資系企業かによって異なってきます。

日本の大手証券会社にてアナリストとして勤務した場合、年収は600万円~700万円のところが多いようです。

 

他にも、投資信託会社や生命保険会社、大手銀行でも同水準の年収となっています。

これに対して、外資系企業の場合、年収1000万円を超える企業が多くあります。

 

専業アナリストでなく、アナリスト資格を活かしたセールスやオペレーション業務に従事した場合でも、年収が1000万円を超えるケースもあります。

外資系企業と日系企業では、給与体系が異なるので、同じアナリスト資格でも年収にかなり差がついてきますね。

 

アナリスト資格を活かして年収を上げていきたい場合は、外資系企業への転職を視野に入れてキャリア構築していくことをおすすめします。

 

証券アナリストの将来性

近年、証券投資を行う人が増えてきています。

ネット環境の整備やスマホの普及によって、個人でも簡単に投資をできるようになったことがひとつの要因です。

 

よって、以前よりも証券投資に対するニーズが高まってきているといえます。

より精度の高い投資資料を作成して、顧客に提示することが一層求められてきますね。

 

このような状況が今後広がっていくとすれば、証券アナリストのニーズもますます高まっていくでしょう。

証券アナリストは、他の資格と比べて取得難度が高いです。

 

よって、資格人気がでたからといって、すぐに取得者が飽和状態になることはないでしょう。

将来、本気で証券分析の仕事をしたいと考えている方は、証券アナリストの資格をとったほうが圧倒的に有利ですね。

 

まとめ

証券アナリストは、証券分析や企業分析を行う、いわば「証券分析のプロフェッショナル」です。

証券アナリストは、証券会社や銀行、生命保険会社などの金融機関で勤務することになります。

 

外資系企業でアナリスト職に就くと、年収1000万円以上も十分狙えます。

証券アナリストになるためには、日本証券アナリスト協会が主催する通信講座、試験に合格する必要があります。

 

決して簡単に取得できる資格ではないですが、将来、証券分析のプロとして働きたい方は、是非とも資格取得を目指していただきたいです。

-証券アナリスト

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.