株の買い方

単元未満株取引とは?取引ルールとメリット・デメリットを解説

単元未満株取引とは?取引ルールとメリット・デメリットを解説

通常よりも小ロットで株式を取引することを単元未満株取引と呼びます。

この記事では、単元未満株取引の具体的な概要とメリット・デメリット、売買するために注意しなければならないポイントについて解説していきます。

 

単元未満株とは

株式を売買する場合、100株単位で取引をされるのが一般的です。

しかし、株式が分割したり会社が合併したり無償増資されたりなどで、端数が出る場合があります。

 

意図せず100株未満の株を保有するケースがあるのです。この中途半端な株を「単元未満株(端株)」といいます。

この単元未満株を売買する場合には注意すべき点がいくつかありますのでその取り扱い方を覚えておく必要があります。

 

単元未満株自体にはあまりメリットはない

単元未満株のメリットは、しいていうならば小額で投資することができるという点ですが、それ以上にさまざまな規制があります。

株式分割や無償増資などのイベントが発生することで保有するケースがほとんどであるため、一般的にそれ自体を取引することはあまりありません。

 

単元未満株は信託銀行にある場合がある

単元未満株は、過去対象となる企業が株式の分割や無料増資、TOBによって株券を割り当てた場合に発生するため、通常の取引で保有することはほぼありません。

基本的に単元未満株は証券会社に預け入れる必要がありますが、相続などで株を引き継いだ場合、まれに信託銀行に端株が残っていることがあります。

 

その際は、証券会社に端株を移管するか、信託銀行に買い取り請求をすることで端株を買い取ってもらうことができます。

配当金の通知書に端株の記載があり、証券会社で預かりがなければ、担当している信託銀行に確認する必要があります。

 

企業ごとに担当している信託銀行は異なりますので、事前に確認し、証券代行部に問い合わせるようにしましょう。

 

単元未満株のデメリット

証券会社で端株を売買する場合にはいくつか注意事項がありますので、要点を正確に抑えておく必要があります。

①いつでも売買できるわけではない

端株の取り扱いは証券会社のシステムごとに異なります。

基本端株を売る際は単元株のように成行でザラ場中に売ることができません。前場に売却注文を出したら引け値で売却単価が決定し、後場で売却したら大引けで単価が決定する証券会社があれば、前場で売却しても大引けの単価で売却が決定するなど証券会社ごとにその仕組みは異なるため、売却する時は確認するようにしましょう。買い付けの時も同様であり、また、売買可能時間もそれぞれ異なるため、事前に取引のある証券会社に確認するようにしましょう。

②株主優待をもらえない

株主優待は、単元株以上が対象となるため、端株のみを保有している場合は受け取り対象外となりますので注意が必要です。

③株主総会に出席できない

株主優待同様、株主総会も単元株以上保有している株主に案内の通知書が送られてくるため、株主総会に参加したい方は注意しておかなければなりません。

単元未満株を単元株にするメリット

①いつでも売買することができる

端株の状態のままではいくつかの規制があり、いつでも売買することはできません。そこで重要となるのが、端株を単元株になるように追加で買い増すことです。

これにより、ザラ場で好きなタイミングで売買することが可能となりますので、急な相場変動時にすぐに対応することができます。

 

②株主優待をもらえる

株主優待は単元株を対象としていますので、端株の状態では株主としての権利を受け取ることができません。

単元未満株を単元株とすることで株主優待をもらえることができ、銘柄によっては株主優待のグレードが上がる可能性がありますので、各銘柄の優待条件を確認するようにしましょう。

 

中には、3年以上保有していないと優待をもらえない銘柄もありますが、端株の状態で3年以上保有していた場合、株主名簿上ではこの期間の縛りをクリアしたことになりますので、あとは必要株数まで買い増すことで株主優待を受け取ることができるのです。

 

ネット証券ではミニ株投資を利用できる

ミニ株投資とは、単元未満株を対象とした取引システムであり、ネット証券を中心に利用されています。

1株から株式を売買できるシステムであり、少額から投資を検討することが可能となりますので、これから資産形成を始めようとしている方にとっておすすめです。

 

①NISA口座でも買い付け可能

ミニ株投資では、NISA(非課税)口座を利用することができ、5年間非課税を継続することができます。

単元未満株を少しずつ積み立てていく際は、投資に回せる金額が小額でも大丈夫です。

 

長期投資を検討されている初心者の方におすすめになります。

ミニ株投資を検討する際はNISA口座の利用を前向きに検討するようにしましょう。

 

②投資の経験を積める

ミニ株投資は、少額から取引できるため、比較的簡単に投資をすることができます。

投資経験がありませんが、株式の売買のやり方や相場の値動きを少しずつ学んでいきたいという方にはおすすめです。

 

 

ミニ株のデメリット

前述にあるように端株のままでは株主優待などの株主がもらえる権利が付いてきませんので注意が必要です。

また、原則成り行き注文しかできず、ザラ場中での取引ができないのは同じですので、メリット・デメリットを理解したうえで利用するか判断するようにしましょう。

 

単元未満株を用いた取引テクニック

端株の売買は、仕方がなく保有している場合や、単に小額から取引ができるからというだけで終わってしまうのではなく、そこから何かしらの応用ができないか考える必要があります。

例えば、株主優待制度に着目しますと、ある一定期間保有していないと株主優待を受け取ることができない場合や、優待のグレードが上がるケースがあります。

 

しかし、投資してからまだその期間を満たしていないにもかかわらず株価が急上昇した場合、せっかくの利益確定機会にもかかわらずそれを逃してしまうケースが非常に多く見受けられます。

そういった場合、あえて1株だけ残し残りの株を端株として売却することをおすすめします。

 

これにより、1株だけ保有していても株主名簿には株主番号が残りますので、継続して株式を保有していることになり、あとは株を下がったタイミングで買い増し元の株数を保有すれば、期間を満たしたタイミングで優待の条件を満たすことができるのです。

このやり方はあくまでも一例であり、その他にも応用手段はいくつもありますので、さまざまな手段を検討してみてください。

 

まとめ

単元未満株を売買するにあたっては、売買可能時間及び約定タイミングに規制がありますものの、それを有効に活用できる手段はいくつもあります。

特に株主優待の期間条件に関しては有効な手段ですから、注意事項を把握したうえで投資判断に役立ててください。

-株の買い方

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.