株の始め方

SMBC日興証券って初心者にとってどうなの?特徴を解説。

SMBC日興証券って初心者にとってどうなの?特徴を解説。

株初心者にとって銘柄選びも悩みますが、どこの証券会社で口座を開設したほうがいいのか、ということも悩みの種です。

銀行口座と同様に、開設すること自体にはお金が掛からないので、とりあえず開設だけして複数持っておくという方も多いです。

 

しかしながら、開設する手間や取引手数料を理解した上で、きちんと利用しておかないと高い手数料を支払ったりしていてせっかくの利益が減ってしまうこともあります。

投資において、利益を出すことが大事なことには変わりませんが、支払う必要のないお金を払っていてはまだまだ初心者の域を出ることがありません。

 

つまり、証券選びも軽視するべきものではなく、それも含めて投資ということです。

そこで、数ある証券会社の中から、今回はSMBC日興証券について解説していきます。

 

三井住友ファイナンシャルグループの一つの事業としてあり、三井住友銀行の口座を持っている方だけでなく、ネット証券にまだ少し抵抗がある方などは安心して使えると人気があります。

以下で、SMBC日興証券の概要から強みまで、初心者の方向けにわかりやすく解説していきます。

 

SMBC日興証券の概要

三井住友ファイナンシャルグループが100%の株主であり、完全な子会社として運営されています。

「お客さまに、より一層価値あるサービスを提供し、お客さまと共に発展する」という経営理念のもと、常に顧客を大切にするという姿勢で根強い人気があります。

 

貯蓄の文化から資産形成への時代変化に対応するべく、顧客のニーズに合わせたサービス・投資の方針を提供していくことを目指しています。

基本的には中長期の資産形成を主軸として、安定的な成長を見込んだ企業への投資スタイルを確立して経済成長に貢献することを目的としています。

 

余談にはなりますが、最近は公式のYouTubeチャンネルを始めていて、投資の情報や世間的な経済状況などを解説した動画などを挙げています。

 

SMBC日興証券の強み

それでは、以下で細かく、実際に使うときに当たっての強みはどのようなものがあるのかをみていきましょう。

 

ネット証券にはない直接のアドバイスがもらえる

初心者の方で、いきなり自分で銘柄を決めて投資まで決断するというのは非常に不安です。

特にネット証券のみの場合、全てを基本的に一人で行う必要があります。

 

SMBC日興証券は実際の支店を約144店舗持っていて、銀行などと併設されている場合が多いので、気兼ねなく相談できる環境を提供してくれています。

支店担当者から直接アドバイスを受けながら投資を進めることができるので、初心者で何もわからない方や、適切な情報やアドバイスのもとで投資をしたい方には最適です。

 

また、定期的な運用状況なども報告してくれるので、逐一チャートなどを見る時間がないという方にもお勧めです。

一つ注意しておかないといけないのは、次に紹介するダイレクトコースや他のネット証券に比べ手数料が高いというのがあります。

 

その分、信頼性の高い情報を得ることができるので、手数料か情報のどちらを意識するかによってコースを決めましょう。

 

ネットでも取引ができる

実際に支店に行くのは面倒であったり、少し抵抗がある方はダイレクトコースもSMBC日興証券は提供しています。

最短で5日で取引が可能で、手数料も低いです。

 

実際に10万円の約定であれば委託手数料が137円という、オンラインならではの価格で取引ができます。

特に信用取引(ざっくりいうと、自分の金額以上の範囲でできる取引)の委託手数料が常に0円という強みもあります。

 

商品ラインナップが充実

国内外の株式を始め、ETFやREIT(不動産投資信託)など多種多様な商品を取り扱っています。

これにより、自分に合った投資スタイルやポートフォリオの充実が可能となるため、株式だけでは不安という方にはおすすめのポイントです。

 

さらに、現在はTOB(株式公開買い付け)もあったりするので、投資に慣れている方でもメリットの多い証券会社とも言えます。

 

手厚いサポート体制

こちらも支店を持つ証券会社ならではの強みです。

先ほどの支店担当者のアドバイスを始め、メールやライン、電話などからサポートを受けることができるので、初心者の方でも安心して一つ一つステップを進めることができます。

 

オンライントレードでは、アナリストのレポートであったり、銘柄の分析ツールといった、銘柄選びに役立つ情報を提供してくれています。

アナリストのレポートは投資アイデアのレポートであったり、主要企業の株価や業績を分析した上で評価したレポート、日経平均の予想レンジのレポートを定期的に配信してくれています。

 

もちろん、最終的な投資判断は自ら決算書などを読んだ上でするのが一番ですが、どうしても迷った時の判断材料にしたりできます。

自分が投資しない銘柄の状況なども把握できるので、投資の勉強にも役立つツールです。

 

これらのツールをスマホのアプリでも確認できたり、売買の注文まで対応しています。

さらに、株価ボードというツールでは自分の気になっている銘柄の複数気配や出来高、チャートまで自動更新してくれるツールもあり、自分の適切なタイミングでの注文が可能となります。

 

三井住友銀行との特別なサービス

最後に、少し上級者向けの強みとしてSMBC日興証券で口座(厳密には証券総合口座)を持っている方が、三井住友銀行「日興支店」の普通預金口座を開設すると、特別金利定期預金という口座を開設できます。

これは、初回の特別金利として年1.0%の利息が設定されています。

 

大口預金のため、初心者の方には特に意識しなくても問題ありませんが、資金に余裕が出てきたら一度チェックしてみてみても良いでしょう。

 

まとめ

今回は、SMBC日興証券の概要と強みについて開設してきました。

ネット証券にはない手厚いサポートが受けられるので、初心者の方にとっては口座の開設からつまづいたり、実際に株式の買い方に不安があるという方にはおすすめの証券会社とも言えます。

 

また、定期的なレポートであったり、支店担当者の実際のアドバイスをもらえたりもするので、まだ決算書を読み慣れていない方は話を聞けたり、勉強できたりもします。

口座の開設は無料でできるので、今回気になった方は是非開設してみてくださいね。

-株の始め方

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.