日本の株式市場の種類

東証マザーズはどんな市場でどんな企業が上場している?代表的な企業は?

東証マザーズはどんな市場でどんな企業が上場している?代表的な企業は?

東証マザーズとは、東京証券取引所の市場のひとつです。

具体的には、どのような特徴を持ち、他の市場とはどう違うのか、詳しく知らない方も多いかもしれません。

 

また、東証一部や二部と、マザーズとJASDAQの違いもわかりにくいとされています。

この記事では、東証マザーズがどういう市場で、どういった企業が上場しているのかを、代表的な企業の名前もあわせてわかりやすく解説します。

 

東証マザーズはベンチャー企業向けに造られた株式市場

東証マザーズは、JASDAQ同様に、東京証券取引所のベンチャー企業向けの市場です。

では、東証マザーズは、どのような特徴を持った市場で、上場するためにはどのような基準をクリアしなければならないのでしょうか?

 

他の市場との違いについても、あわせて見ていきたいと思います。

 

市場って何?

ニュースなどでもよく名称が出てくる、東証一部や東証二部、マザーズ、JASDAQ(ジャスダック)とは、株式が取引される市場のことです。

これらは、すでに発行されている有価証券(株式や債券など)が取引される市場で、証券取引所が中心となって取引が行われています。

 

ちなみに、さきほどの4つの市場は、すべて東京証券取引所にあります。

市場では株式などを自由に取引できますので、投資家が安心して株式を購入することができるのです。

 

証券取引所では、投資家から注文を受けた証券会社が、株式を売買しています。

株式を売りたい人や買いたい人が、株式市場を通して株式の値段をつけることで、スムーズに取引が行われているのです。

 

東証マザーズとは

東証マザーズとは、東京証券取引所が運営する株式市場の1つです。

東京証券取引所は、マザーズを東証一部へのステップアップを目指す成長企業向けの市場と位置付けています。

 

はじめから東証一部に上場するのは難しいですが、マザーズへは比較的容易にできるため、一部上場の基準を満たすまで、マザーズに上場する企業が多いのです。

東証マザーズへの上場条件は、次のようなものです。

 

・ 株主数200人以上

・ 流通株式数2,000単位以上

・ 時価総額10億円以上

 

マザーズへの上場に際して、利益の額や純資産の額に関する審査基準はありません。

そのため、赤字の会社でも上場することができますが、事業計画の合理性への判断が、審査の上で重要な基準となります。

 

マザーズには2019年10月末日時点で、301社が上場しています。

ちなみに、同じ時期に東証一部には2,155社、東証二部には487社の企業が上場しています。

 

マザーズは規模としては東証一部に比べるとかなり小さいものですが、成長企業の株式の取引を活発に行うために必要となっているのです。

 

東証のその他の市場

では、東京証券取引所のその他の市場についても、簡単に見ていきましょう。

 

【東証一部】

東証一部は、最も上場基準が高い株式市場です。

基準が高い分、東証一部上場企業には、誰もが名前を知っているような大企業も多く、知名度や社会的な信用度が高い企業が名を連ねています。

 

上場には、次のような基準をみたす必要があります。

・株主数が2,200人以上

・流通株式数が2万単位以上

・時価総額250億円以上

・2年間の利益総額が5億円以上、または時価総額が500億円以上

・取締役会設置後、事業継続年数が3年以上

 

【東証二部】

東証二部上場企業には中堅企業が多く、一部上場企業に比べると、知名度が低い企業も多いのですが、中には一部上場企業より業績がいい優良企業も上場しています。

 

東証二部に上場するためには、次のような基準をみたす必要があります。

・株主数が800人以上

・流通株式数が4,000単位以上

・時価総額が20億円以上

・3年以上継続的に事業を継続している

 

JASDAQについては、「マザーズとの違いがよくわからない」という初心者の方も多いと思いますので、少し詳しく見ていきましょう。

 

【JASDAQ(ジャスダック)】

JASDAQ(ジャスダック)は、マザーズと同じように、主にベンチャー企業向けの市場です。

JASDAQはもともと店頭市場で、証券会社の店頭で売買されていました。

 

その店頭市場が発展したのがJASDAQで、歴史が長いこともあって、すでにベンチャー企業というよりは、老舗企業といったほうがよい企業も存在しています。

JASDAQには700社近い企業が上場していますが、上場企業が東証二部に市場を変更するなどの理由で、年々企業数が減っています。

 

JASDAQには新興企業と老舗企業が並存しているため、老舗企業が中心のJASDAQスタンダードと、新興企業が中心のJASDAQグロースに分かれています。

JASDAQスタンダード市場は、他の市場と同じように、会社の規模や業績に応じて上場する市場で、グロース市場は、会社の将来性により上場を判断するため、現在業績が悪かったとしても、将来性が高ければ上場できる市場となっています。

 

上場基準も、次のように緩やかです。

・ 株主数200人以上

・ 流通株式数1,000単位以上

・ 時価総額5億円以上

 

JASDAQとマザーズは、おもにベンチャー企業が上場しているという点では同じであり、似通った部分も多い市場なのです。

ただし、JASDAQには老舗企業も含まれていること、マザーズはおもに東証一部上場を目指している企業が上場しているところが異なるといえるかもしれません。

 

マザーズに上場するメリット

マザーズに上場することによって、証券取引所を通じて、一般の投資家からの資金提供が受けやすくなります。

金融機関以外からの資金調達が可能になるため、安定した資金調達が可能となり、ベンチャー企業にとって重要である、スピーディーな経営を実現しやすくなります。

 

また、将来性が見込まれる多くの企業が上場しています。

マザーズに上場することで世間からも注目され、会社の知名度やブランド力のアップが望めます。

 

東証マザーズに上場している代表企業

それでは、東証マザーズに上場している企業にはどのような企業があるのか、見ていきたいと思います。

代表的な企業を、分野ごとに見ていきましょう。

 

サービス業

・株式会社ミクシィ

株式会社ミクシィは、インターネットを使用されている方であれば、誰もが名前ぐらいは聞いたことのあるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の運営会社です。

2004年からSNSのサービスを続けていますので、利用されたことがある方も多いかと思います。

 

また、2013年にリリースされ、大ヒットしたスマートフォン向けゲーム「モンスターストライク」も、記憶に新しいのではないでしょうか。

2018年度の売上高は1,440億円、純利益は265億円と、東証一部企業にも劣らない営業成績を残しています。

 

保険業

・SBIインシュアランスグループ株式会社

SBIインシュアランスグループ株式会社は、SBI生命(生命保険)、SBI損保(損害保険)および少額短期保険事業を受け持つ企業などをグループ会社に持つ保険会社です。

SBI証券や住信SBIネット銀行など、金融サービスを幅広く手がけるSBIホールディングス株式会社の子会社でもあります。

 

2018年度の売上高は663億円、純利益は8億円でした。

 

小売業

・オイシックス・ラ・大地株式会社

オイシックス・ラ・大地株式会社は、有機野菜や特別栽培野菜など、安全性に配慮した食品宅配を行っている、自然派食品宅配業界の最大手企業です。

食品宅配専門スーパー「Oisix」(オイシックス)や、有機野菜などのカタログ食品宅配会社「大地を守る会」などを運営しています。

 

2018年度の売上高は640億円、純利益は23億円でした。

 

情報・通信業

・株式会社メルカリ

株式会社メルカリは、フリマアプリ「メルカリ」のサービスを運営しています。

フリマアプリサービスの中では国内最大手で、最近では電子マネー(非接触型決済サービス)のメルペイなどのサービスも手がけています。

 

2018年度の売上高は516億円、純利益は-137億円でした。

 

化学

・新日本製薬株式会社

新日本製薬株式会社は、「パーフェクトワンブランド」の化粧品を中心に、通信販売や全国の直営店、各種流通チャネルなどで販売を行っています。

2018年度の売上高は312億円、純利益は17億円でした。

 

まとめ

このように、東証マザーズに上場している企業にも、有名な企業は数多くあります。

マザーズ上場企業は、マザーズで業績を伸ばし、資金を調達して東証一部上場を目指す企業です。

 

ベンチャー企業が初めから東証一部に上場することは困難ですので、マザーズの価値は、これから成長する企業にとって大きなものと言えるでしょう。

これから株式投資を始めるのであれば、数多くの将来性のある企業が上場しているマザーズや、JASDAQのような市場にも目を向けてみてください。

 

成長力のある企業に投資することは、長い目でみれば、大きなリターンとなって戻ってくる可能性もあります。

もちろん、すでに実績のある企業に投資するよりはリスクも高くなりますので、投資する前には、必ずその企業や分野の将来性を検討することも忘れないでください。

-日本の株式市場の種類

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.