外国/米・新興国株投資

米国株の買い方は意外と簡単!おすすめの証券会社を3つに厳選し、独自のルールと共に紹介。

米国株の買い方は意外と簡単!おすすめの証券会社を3つに厳選し、独自のルールと共に紹介。

「歴史的」という言葉も使われるほど好調で、最高値を更新し続けている米国株には、まだまだ日本の個人投資家が参入する余地が残されています。

しかし登録している証券会社では日本株の売買しかできず、米国株の購入方法が分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では、米国株を購入する際の方法やルールをまとめた上で、米国株の売買に適した証券会社についても詳しく紹介していきます。

 

米国株の買い方に関する基本

米国株の買い方は、実は日本株の買い方と全く変わっておらず、米国株に対応している証券会社を通して好きなように売買の注文を行えます。

米国株の買い方は特殊で難しいという印象があるかもしれませんが、日本株の売買に慣れた人であれば、すぐに馴染んで取引を進めることができるはずです。

 

売買する株式数を選び、指値か成行かを選択するという点も日本株の買い方と同じで、唯一違いがあるとすれば、決済を円貨決済にするか外貨決済にするかの違いになります。

ただし、一部の証券会社を除き、多くの証券会社ではドル建ての決済を選ばなければならないため、取引を開始する前に日本円をアメリカドルに両替しなければなりません。

 

この際には両替の手数料が差し引かれてしまいますから、用意した資金と実際の投資に使える資金との間には若干の差額が発生してしまいます。

 

米国株の購入には別途申し込みが必要

米国株の売買に対応した証券会社で口座を持っていても、基本的には別途申し込みを行わなければ米国株の売買を実行することはできません。

ネット証券の場合は簡単に申し込みができ、オンラインの設定画面から外国株を購入するための手続きを完結させることができます。

 

もしも新しく米国株用の証券口座を開くという場合には、開設時に外国株の開設を同時に希望することを忘れないようにしましょう。

 

米国株を購入するまでに知っておきたい独自のルール

1株単位から購入することができる

現在の日本株は100株からの購入が原則となっていますが、米国株の場合はすべての銘柄で1株単位から注文することが可能になっています。

例えば任天堂株の場合、日本市場では1株43,000円なので、100株を購入するためには430万円もの資金を用意しなければなりません。

 

一方で米国市場に上場しているアップルコンピュータ株は1株263ドルで、1ドル108円換算で28,404円になりますが、任天堂株と違い30,000円以下で投資ができます。

たくさんの予算を用意しなくても、欲しい会社の株式を欲しいだけ入手できるのが米国株の特徴なので、投資の選択肢を広げられることが魅力です。

 

前場と後場という概念がない

東京証券取引所では取引を午前と午後に分けており、11時30分から12時30分までの間はお昼休みとして休息を挟んでいます。

しかし米国ではそのような前場と後場という概念がなく、現地時間で9時30分から16時にかけてずっと取引が続くことが特徴的です。

 

特にデイトレーダーにとっては売買のチャンスが増えることになりますから、集中力が必要ですが利ザヤを稼ぎやすくなることもメリットと言えるでしょう。

なお、米国株の取引時刻は日本時間の23時30分~6時まで、サマータイム導入中は22時30分~5時までとなっています。

 

深夜に開かれる市場であるため、フルタイムでの参加は難しいかもしれませんが、サラリーマンの方が終業時刻を避けて取引に参加できる市場でもあります。

 

ストップ高、ストップ安が無い

日本株においては、急激な株価の変動を防ぐことを目的に、ストップ高やストップ安という制度が設けられ、一日の値幅の変動が制限されています。

しかし米国株にはこのような制度が無く、理論上はたった一日の間に株価が2倍、3倍に膨れ上がったとしても全くおかしくはありません。

 

逆に言えば、わずか数時間の間で投資金額がほぼゼロになってしまう可能性も孕んでいるため、ハイリスク・ハイリターンの投資になることは覚えておきましょう。

 

米国株の売買に向いている証券会社

マネックス証券

マネックス証券は特に米国株の売買に力を入れている証券会社として有名で、多数のキャンペーンを実施しながら米国株に参入する投資家を応援しています。

マネックス証券で取り扱っている米国株は3,500銘柄を超えており、アップルやフェイスブックなどの大型株はもちろん、中小企業の銘柄の取り扱いも増加中です。

 

取引手数料が安いという特徴は米国株の売買にも引き継がれており、約定代金の0.45%という売買手数料に抑えながら取引を行えます。

米国株の買い方に関するサポートも充実しており、管理サイトで日本円をアメリカドルに変換して、そのまま米国株の売買に利用することが可能です。

 

専用アプリの「トレードステーション米国株」も用意するなど、スマホからの売買に対応していることもポイントになります。

 

楽天証券

楽天証券も米国株の売買に対応しており、2000年12月以降に証券口座を開設していれば、特別な申し込みをすることなくすぐに米国株を売買できます。

日本株の売買でも人気のマーケットスピードを使って米国株の取引ができるので、アプリをインストールしている方は取引の様子を見てみてはいかがでしょうか。

 

楽天証券では多数の米国株式を取り扱っているほか、米国ETF、そしてADRなども商品として取り扱っているので、様々な投資にチャレンジすることができます。

注文方法にはアメリカドルと日本円のいずれかを利用できるという柔軟性も備えているため、いちいち円をドルに変換する手間もかかりません。

 

手数料がリーズナブルで、最安の場合は0アメリカドル、最高でも20アメリカドルに制限でき、取引手数料の1%は楽天スーパーポイントとして還元されます。

 

SBI証券

SBI証券は米国株の売買を活性化させた火付け役とも言える存在で、ETFの定期買付サービスや、SBIネット銀行を活用した外貨入金サービスを展開しています。

特殊なサービスとして人気なのが米国貸株サービスで、保有する米国株をSBI証券に貸し出すことができ、株を貸している最中にも配当金を受領することが可能です。

 

また、米国株式逆指値注文では、上昇トレンドに入った米国株の自動買付や、リスク管理のための自動的なロスカットも設定に含めて安心してトレードを進められます。

これらのハード面のサービスだけではなく、米国株の投資に関するレポートや決算速報を配信したり、外国株式ゼミナールを実施したりしている点も人気の理由です。

 

手数料も他の証券会社と同水準で、最安の場合は0円で米国株の売買ができますから、新しく証券口座を作る際の有力候補に加えるべき証券会社と言えます。

 

まとめ

国が違うこともあって、ハードルが高そうに見えてしまう米国株の売買ですが、実は日本株と同じような買い方で投資に参加することができます。

休憩時間やストップ高が存在しないこと、1株単位から購入できることなど、日本株とは違うシステムが多いため、米国株の特徴を知ってから取引を行いましょう。

 

米国株は日本国内で有名な証券会社を通じて購入することができ、中でもマネックス証券、楽天証券、SBI証券では親切なサービスを実施しています。

-外国/米・新興国株投資

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.