テーマ株

仮想通貨・ブロックチェーン関連銘柄とは?特徴や今後の見通し、主な銘柄を紹介

仮想通貨・ブロックチェーン関連銘柄とは?特徴や今後の見通し、主な銘柄を紹介

仮想通貨を支える技術として普及した、分散型システム「ブロックチェーン」。

2017年末から2018年初めにかけ、仮想通貨のビットコインが大きな値動きを見せた際、その根幹を支えるブロックチェーンにも注目が集まりました。

 

しかしその技術は、今後金融以外でも活用の場が広がると考えられ、さらなる躍進が期待できます。そこで今回は、今回は、仮想通貨・ブロックチェーン関連銘柄について、その特徴や今後の見通し、主な銘柄をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

仮想通貨・ブロックチェーン関連銘柄の特徴

ブロックチェーンとは、インターネットでつながった複数のコンピューターの取引などの記録を、コンピューターのネットワーク上で管理する技術です。

それぞれのブロックには、前の取引データと新たな取引データが含まれており、新たな取引が生じると、そのたびにブロックを鎖のようにつなげていくという仕組みになっています。

 

この情報はすべての参加者で共有することになるため、互いに監視しながら情報を管理できるというものです。

取引データを分散して管理することでデータの改ざんが難しいとされ、仮想通貨などの取引の信頼性を確保するために考案されました。

 

分散型ネットワークのため、処理速度が遅く、大きなデータをブロックの中に格納することが難しいなどの課題が指摘されてはいるものの、コスト削減の実現や中央サーバーがないことなどのメリットも多いことから、ブロックチェーン関連銘柄が続々と上場しています。

 

仮想通貨・ブロックチェーン関連銘柄の今後の見通し

ブロックチェーンは、改ざんを防ぐことができる技術として、金融以外のさまざまな分野での応用が期待されています。

たとえば、IoTネットワークやゲーム、マルチメディア著作権管理、レンタカーをはじめ、政府発行の身分証明書や保険記録の管理、投票の不正防止など、市場への大きな拡大が予想され、2016年4月に経済産業省が公表したブロックチェーンの調査報告書によると、潜在的な市場規模は67兆円に上ると試算されています。

 

仮想通貨・ブロックチェーン関連の銘柄

それでは、仮想通貨・ブロックチェーン関連の銘柄をご紹介していきましょう。

 

IBM【IBM】

IBMはITコンサルを中心としたコンピューター関連製品およびサービスを提供する米国企業であり、ブロックチェーンのプラットフォームを有しています。

「IBM Blockchainソリューション」を活用し、さまざまな業界ごとの複雑な取引をサポート。

 

貿易や不動産、飲食やダイヤモンドの採掘まで、幅広く躍進の場を広げています。

 

マイクロソフト【MSFT】

マイクロソフトはビル・ゲイツによって設立されたソフトウェアを販売・開発する米国のコンピューター会社です。

2019年5月には「Azure Blockchain Services」を立ち上げ、コンソーシアム型ブロックチェーンネットワークの形成、管理、ガバナンスを可能にするフルマネージドサービスの提供を開始しています。

 

フェイスブック【FB】

ソーシャル・ネットワーク・サービスを提供するフェイスブックは、2019年6月に提供が開始された独自仮想通貨「Libra(リブラ)」の開発を行ってきました。

運用は、低ボラティリティの暗号通貨をサポートするように設計された分散型のプログラム可能データベース「リブラ・ブロックチェーン」を基盤としており、これまでの仮想通貨が悩まされてきた猛烈な投機の動きや混乱を抑えるものとして期待されています。

 

アクセンチュア【CAN】

アクセンチュアは、さまざまな分野の戦略・業務・ITコンサルティングを行う世界最大級の経営コンサルティングファームです。

フランスのソフィア・アンティポリスには独自のブロックチェーン・センター・オブ・エクセレンス(CoE)を設立し、2015年には、迅速かつ確実なクロスボーダー決済ソリューションを対し提供するRipple社、2016年には金融インフラに対してポスト・トレード業務に関わるテクノロジーを提供するDigital Asset Holdings社と提携するなど、積極的な展開を見せています。

 

クロスキャット【2307】

クロスキャットは、銀行向けのソフトウェアやクレジット向けシステムの構築を主力とする中堅のSIで、ジャスダックに上場しています。

ブロックチェーン分野にも注力し、仮想通貨に関するエンジニア育成に取り組むなど、積極的な姿勢を見せています。

 

アクセルマーク【3624】

アクセルマークは、主にスマートフォン向けゲームの企画・開発を行っている企業です。

ブロックチェーン技術を用いた分散型アプリケーション(DApp)はブロックチェーンゲームとして注目されていましたが、2019年11月、新機能「アセットアナライザー」β版の提供が開始されています。

 

今後も、さらに機能を拡充した有料版の提供も予定するなど、ますます関心が集まりそうです。

 

アステリア【3853】

2018年10月にインフォテリア株式会社から商号変更したアステリアは、システム・アプリの開発を主力に事業を展開する、東証1部上場の企業です。

2019年には複数種類のブロックチェーンの設定や管理を行う「ブロックチェーン管理コンソール(iOS・Android・PC版)」を開発し、提供を開始しました。

 

その後も、ブロックチェーン事業推進室を中心に、ブロックチェーンを活用した事業開発を積極的に推進しています。

 

ソルクシーズ【4284】

ソルクシーズは、SBI社を筆頭株主に持つSIで、金融業界を主な顧客とする企業です。

SBIホールディングスと共同で「SBI Ripple Asia」を設立し、ブロックチェーン技術や仮想通貨などの技術者養成を目指す「BBCプログラム」に参加するなど、ブロックチェーン技術分野にも積極的に取り組んでいます。

 

カイカ【2315】

フィスコグループのシステム開発会社であるカイカは、金融業界をメインに情報サービスを提供している企業です。

大手仮想通貨取引所「Zaif」を運営するテックビューロ(株)等と提携し、ブロックチェーン技術を用いた実証実験を行うなど積極的な技術研究を行なっています。

 

リアルワールド【3961】

リアルワールドは、クラウドソーシングサービスやクラウドメディアサービスを提供する企業で、ビットフライヤーと業務提携をしており、2016年にはブロックチェーン技術等の調査研究を行う子会社「REAL FINTECH」を設立しました。

 

まとめ

今回は、仮想通貨・ブロックチェーン関連銘柄についてお伝えしました。

「第2のインターネット」とも言われるブロックチェーン技術は、今後、金融以外への分野でも活躍が期待されています。

 

市場拡大は必須とみて、押さえておきたいセクターの一つだと言えるでしょう。

-テーマ株

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.