テクニカル分析

出来高とは?基本的な見方や活用方法を解説

出来高とは?基本的な見方や活用方法を解説

株価チャートの下部にある棒グラフが「出来高」を表しているということをご存じの方は多いかと思いますが、山の大きさだけをなんとなく見ているだけということはありませんか?

ですが出来高は、株式の注目度を表すものであり、売買をする際の判断材料となる大切な指標ですので、活用しない手はありません。

 

そこで今回は、出来高の見方や株価との関係性による活用方法の違いなどについて詳しく解説します。

 

出来高とは?

出来高とは売買が成立した株数のことで、「売買高」とも呼ばれています。

株価チャートでは下のほうに棒グラフで表されているもので、株価チャートが日足であればその当日、週足であればその週の株価や状況が表されており、取引が活発になるほど棒グラフも大きくなっていきます。

 

また、人気が高まり買いが殺到する場合以外に、不安材料によって急激な売りが発生するなど、プラスの状況でなくても、注目が集まることで出来高は大きくなることもあります。

つまり出来高は、投資家の注目度の高さを表していることになるため、今後の相場の動きをつかむためには重要な指標ということです。

 

出来高の基本的な見方

出来高は、投資家の注目度の高さを表しているとお伝えしましたが、実際の売買タイミングは注目度の高さだけでは判断できません。

それは、たとえば出来高の少ない株であっても、安値圏で急増した場合には買いサインであるなどのケースがあり、また、大型株が高値圏で出来高を急増させた場合、買いたい人はいるものの利益確定の売りも多く出てくるなどというケースもあるためです。

 

出来高は株価に先行する

一般的に、市場においては「出来高は株価に先行する」と言われています。

基本的には、出来高が少ない状態から増加傾向を見せてきたら目先反転が期待できる。

 

また、出来高が減ってきたら目先の人気が離散しているのでその後の下落が予想されることなどがわかります。

さらに、出来高が株価の安値圏と高値圏のどこで増加しているかなど、株価を含めた視野で注目していくようにしましょう。

 

そうすると、出来高移動平均線を上回る日が多く続く場合にはその後の上昇が期待できる、急騰した高値圏で出来高が急激に減少した場合、目先売り逃げの天井圏だと予測できるなど、より具体的な売買の判断材料となります。

ただし、相場局面によっては株価よりも出来高に注視すべきタイミングもあり、需給面での変調や強弱感など、株価の分析だけでは足りない部分を出来高の分析でカバーすることでより精度の高い分析にしていくような場合もあります。

 

 

出来高と株価の関係から活用方法を探る

一般的に「出来高は株価に先行する」と言われているものの、これは長期スパンでの大底圏や天井圏の局面に現れる傾向なので、常に当てはまるわけではありません。

そうなると、出来高と株価の関係性によって活用方法が異なりますので、ケース別に確認していきましょう。

 

出来高が株価に先行するケース

まず、出来高が株価に先行するケースから見ていきましょう。

何らかの好材料によって出来高が急増し、その後株価が急騰するケースはよく目にしますが、それ以外にも出来高が先行して増加することもあります。

 

たとえば、株価が長期間に渡って下落した後、上昇に転じる直前に出来高が増加する傾向があります。

株価に長期間大きな動きがないために「そろそろ反転するかも?」と考える人が増え始め、まずは出来高が少しずつ増加していくことで、株価が上昇するようなパターンです。

 

特に底値圏では、出来高と株価を組み合わせた指標が、株価下がりきるよりも早くボトムアウトすることがあります。

また、基本的に株価と出来高の関係はトレンドに沿って動きますが、上昇トレンドの高値圏で株価が直近高値を超えたにもかかわらず、出来高は高値時の水準を超えることができずに減少し、その後反落することも多くありますので注視しておかなければなりません。

 

出来高と株価が同時進行するケース

次に、出来高と株価が同時進行するケースです。

もみ合いでは、出来高はゆっくりと減少していきますが、そこで株価が上値抵抗線や下値支持線をブレイクすると、逆に出来高は増加していきます。

 

その際、出来高が急増しているようなケースでは、もみ合い放れのトレンドの信頼性は高いと考えてよいでしょう。

もみ合いからの上放れで上値抵抗線を上抜ける際に出来高も急騰した場合、通常よりも上昇の確率が高いと言われていますので大きな期待ができます。

 

出来高が株価に遅行するケース

最後に、出来高が株価に遅行するケースを見ていきましょう。

株価が上昇したことによって出来高が増加することもあります。

 

逆に、株価が下落したことで出来高が減少することもあり、これに含み損を抱えた投資家は売買を控えるので出来高が減少していくというケースです。

その後、ある程度の下落が進むと投げ売りが加速し、底入れ間近になって出来高が増加し始めることもありますので、この点も慎重に判断していってください。

 

出来高がどれくらい増えれば株価は上がる?

最後に、出来高がどの程度増えれば株価上昇のサインになるのかについてお伝えしていきましょう。

実際には日々の増減もあり、銘柄によって異なるので一概に判断できませんが、目安としては前日比50%以上の増加、かつその水準が3日以上続く場合が株価上昇のサインだと言われています。

 

このサインが出た段階で買いを入れれば、勝ちを手に入れられる可能性も期待できますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

まとめ

今回は、出来高についてお伝えしました。出来高は、単に株式の注目度を表すものではなく、株価の分析と組み合わせることで、売買タイミングの判断材料となる重要な指標です。

そして、現時点での出来高の大小だけでなく、そこにたどり着くまでのチャートを確認し、株価との関係性を読み解くことで、より精度の高い分析に近付けることができるでしょう。

 

-テクニカル分析

Copyright© 寿司株.jp , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.